このサイトについて

物欲紳士と申します。こんにちは。

このサイトは、一般人であるところの私(管理人)が、買ったモノ・愛用品のレビューや、欲しいモノ・日々考えることの雑記等を通し、「30代以上の男性の、真っ当な装い」について考えていくサイトです。

筆者のファッション・モノ観

ファッションの3要素

洋服・ファッションは様々な要素で捉えられますが、筆者は主に下記の3要素に分解できると考えています。

① 機能
② 流行(トレンド)
③ 嗜好(テイスト)

これらはいずれも重要で、欠かせない3要素ですが、私は特に「②流行」に注目しています。

とは言っても、それは「常に最先端の流行を追い求めることがおシャレ」という意味ではありません
ここで言う「流行」とは、「変わらないものと、移ろいゆくもの」との「バランス」です。

変わらないものとは、普遍的なスタイルや、定番のアイテム。
移ろいゆくものとは、人々の気分や社会情勢から醸成されるトレンド。

筆者は「大人のファッション」では、これら2つのバランスを取ることが重要だと考えます。

10〜20代の時分には、「『移ろいゆくもの』の最先端にいることが、すなわちお洒落」で良かったかもしれません。
ですが大人としては「周囲が変わっても、流されない『自分のスタイル』を持っている方が格好いい」と考えています。

これは洋服だけでなく他のモノ選びにも通じる、筆者の「基本的な大人観」でもあります。

「高価なモノ=良い製品」とは限らない

以前に比べると、近年はこの風潮は減ってきたようにも思えますが、「高価なモノ=良い製品」とは限りません。

(アパレル関係ではないものの)メーカー勤務という職業柄、良く分かるのですが、高価なモノにも廉価なモノにも、作り手側は(ビジネスである以上)同等の労力を掛けています。

「高価なモノ=良い製品」というのは、概して「売上が上がるものを売りたい」というプロモーション・売り手側の都合
それらに踊らされずに「良い製品」を選べるかは、ひとえに買い手側の審美眼にかかっていると言えるでしょう。

確かに、高価なモノには1つ1つのパーツや工程にお金が掛かっていて、「上質なモノ」であることが多いのは、一般的に言えることかと思います。

しかし、モノ選びの価値観は「上質であるか否か」だけではないはず。
ざっと挙げても「デザイン」「耐久性」「コストパフォーマンス」「ストーリー性」などがあって、「品質」はあくまでその1つに過ぎない、と考えるのです。

「価格」に捉われすぎず、「普遍的なもの」と、「流行」とのバランスを取る

本ブログでは(どこまで迫れるかは分かりませんが)筆者なりに捉えた「普遍的なもの」と「今の気分・トレンド」を共有できればと考えています。

また、「良いモノ・製品」を判断するための多面的な視点に対してできるだけフラットな目線で、筆者が捉えた「良いモノ」を紹介できればと思います。

「どのようなバランスが、お洒落なのか」「どういうモノが『良いモノ』なのか」は、人それぞれだ思います。
ですがご覧いただいた皆さまにとっても、これらを考えるにあたり、本ブログが良い参考になれば、と願っています。

★筆者の自己紹介(プロフィール)はこちら

2021年1月25日

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5