このブログについて

物欲紳士です。こんにちは!

当ブログは、一般人であるところの私(管理人)が、愛用品&買ったモノのレビューや、欲しいモノ・日々考えることの雑記を通して「30代以上の男性の、真っ当なモノ選びと装い」について考えるサイトです!

筆者のファッション・モノ観

ファッションの3要素

洋服・ファッションは様々な要素で捉えられるけれど、筆者は主に下記の3要素に分解できると考えている!

① 機能
② 流行(トレンド)
③ 嗜好(テイスト)

これらはいずれも重要で欠かせない3要素だけど、筆者は特に「②流行」に注目している。

とは言っても、それは「常に最先端の流行を追い求めることがおシャレ」という意味ではない
ここで言う「流行」とは、「変わらないものと、移ろいゆくもの」との「バランス」のこと。

変わらないものとは、普遍的なスタイルや、定番のアイテム。
移ろいゆくものとは、人々の気分や社会情勢から醸成されるトレンド。

「大人のファッション」では、これら2つのバランスを取ることが重要だと考える。

10〜20代の時分には、「『移ろいゆくもの』の最先端にいることが、すなわちお洒落」で良かったのかもしれない。
…だけど大人としては「周囲が変わっても、流されない『自分のスタイル』を持っている方が格好いい」と考えている。

これは洋服だけでなく他のモノ選びにも通じる、筆者の「基本的な大人観」でもある。

「高価なモノ=良い製品」とは限らない

近年は減ってきた風潮にも思えるけど、「高価なモノ=良い製品」とも限らない

「メーカー勤務という職業柄」実感するのは、高価なモノにも廉価なモノにも作り手側は(ビジネスである以上)同等の労力を掛けている

「高価なモノ=良い製品」というのは、概して「売上が上がるものを売りたい」というプロモーション・売り手側の都合
それらに踊らされずに「良い製品」を選べるかは、ひとえに買い手側の審美眼にかかっていると言えるはずなのだ!

確かに、高価なモノには1つ1つのパーツ・工程にお金が掛かっている。
1つの製品あたりにかける人手が多くて「上質なモノ」なことが多いのは、一般的に言えることかもしれない。

だけど、モノ選びの価値観って「上質であるか否か」だけではない。
ざっと挙げても「デザイン」「耐久性」「コストパフォーマンス」「ストーリー性」などがあって「品質」はあくまでその1つに過ぎない、と思うのだ。

 

「価格」に捉われすぎず、「普遍的なもの」と、「流行」とのバランスを取る

当ブログでは(どこまで迫れるかは分からないけれど)筆者なりに捉えた「普遍的なもの」と「今の気分・トレンド」を共有できればと考えている。

また、「良いモノ・製品」を判断するための多面的な視点に対して、できるだけフラットな目線で筆者が捉えた「良いモノ」「その理由」を紹介したいと考えている。

「どのようなバランスが、お洒落なのか」「どういうモノが『良いモノ』なのか」は、人それぞれ

読者の皆さまにとっての「良いモノ」を考えるにあたって当ブログが良い参考になればと願っている…!

★筆者の自己紹介(プロフィール)はこちら

2021年1月25日

© 2022 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5