オーシバルのコットンロードボーダーシャツ、トリコロール

ファッション ニット・カットソー 愛用品紹介

【バスクシャツ】オーシバルのコットンロードボーダーシャツ

こんにちは、物欲紳士です

今回は、春秋に最適な定番シャツについて書きたい。

オーシバルのコットンロードボーダーシャツ、ブルーマルチストライプ

今回紹介するのは、オーシバルコットンロードボーダーシャツ

まずはブランド(オーシバル)と、今回のボーダーシャツについて振り返りたい!

ブランド(オーシバル)と、このボーダーシャツについて

オーシバル (Orcival) について

オーシバル (Orcival) は、フランスのマリンウェアのメーカー・ブランド。
1939年創業。

オーシバル(ブランドロゴ、タグより)

ユーモラスな印象の、ミツバチのタグが目印

オーシバル製品で有名なのは、何と言ってもフレンチ・カジュアルを象徴するバスクシャツ
バスクシャツのブランドとして、その他に日本国内で知られるセントジェームス、ルミノアと共に、言ってみれば「フレンチバスクの御三家」の一角を占めるブランドだ。

ORCIVAL / タフタ ステンカラーコート


文字・画像をクリックで、外部サイトへ (beams.co.jp)
 

他の2ブランドとやや異なるのは、上のようにバスクシャツ以外のウェアの展開も豊富な点。
いずれもフランスのエスプリを感じさせる、「さり気なさ」や「お洒落感」が特徴といえる。

コットンロードボーダーシャツについて

オーシバルのシャツには大きく分けて2種類あって、セントジェームスとほぼ対比できる感じになっている。


ORCIVAL/オーシバル <メンズ>  ラッセル フレンチセーラーTシャツ 6101/6101C
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)

まず、海軍御用達として知られるラッセル
セントジェームスで言うと、ナヴァルに相当する。
やや薄手の生地と、上下にストライプが省かれたボーダー柄、長めの着丈が特徴。


[オーシバル オーチバル] ORCIVAL コットンロード マリンバスク シャツ B211
画像をクリックで、外部サイトへ移動 Amazon.co.jp)

そして、今回レビューするコットンロード
セントジェームスで言うところのウエッソンに相当
厚手の生地感で、全体がボーダー柄になっているのが特徴。

オーシバルのコットンロード・ボーダーシャツ(外観)

今回は下記にて、「ウエッソンのオーシバル版」とも言うべき、コットンロード・ボーダーシャツについて述べていきたい。

スポンサーリンク


オーシバルのコットンロード:魅力的な点

春秋に何かと便利で、ここ5年ほど愛用中のオーシバルのコットンロード。

オーシバルのコットンロードボーダーシャツ(3色、外観)

定番色の「マリン・生成り」は「サイズ3」、他2枚は「サイズ2」

筆者は現在、スタンダードな「マリン&生成り」と「マルチストライプ」2枚、計3枚を保有。

このボーダーシャツについて魅力的だと感じる点は、下記の3点だ。

コットンロード・ボーダーの魅力

スタンダード感のある「ウエッソン」とほぼ同じ生地の質感
「華奢体型」の多い日本人に適したやや細身なフィッティング
全般的にお洒落感のあるボーダー柄やブランドロゴの配置

以下にて、それぞれについて述べていきたい!

スタンダード感のある「ウエッソン」とほぼ同じ、生地の質感

セントジェームスのウエッソン

「ボーダーシャツ界のベンチマーク」、セントジェームスのウエッソン。

オーシバルの話なのに、セントジェームス製品で説明するのもオカシなハナシだけど…。
コットンロード・ボーダーシャツの生地感は、「ボーダー界のスタンダード」、セントジェームスの「ウエッソン」とほぼ同じだ。

一方、ボーダーシャツは「マリンアイテムの定番」として、色々なブランドから廉価なアイテムが販売されているけど、基本的にそれらよりも生地が厚手で丈夫

洗濯で縮むのでサイズ感が掴みづらい一方、生地がよれたり型崩れしたりせず、相当タフな1着だといえる。

シャツとしての寿命は「洗いを掛けて色落ちした状態」を良しとするかで変わるけど、「良しとする」ならば15年、20年と着られそうなタフさ。

元々、ボーダーシャツはフランスの漁師の労働着として着られていた歴史がある。
ワークウェアとしてのタフな1面は、コットンロード・ボーダーシャツにも受け継がれているわけだ。

「華奢体型」の多い日本人に適した、やや細身なフィッティング

フィッティング的な特徴から言うと、同程度の着丈・袖丈に対してやや身幅太めなウエッソンに対して、コットンロードは身幅がやや細め

洗濯後の縮みについても同じことが言え、ウエッソンは「丈方向に縮みが大きい」→洗濯でよりポッテリ感が出る、のに対し、オーシバル製品は全般的に幅方向の縮みが大きい。

この辺り、例えが微妙かもしれないけどリーバイス(デニム)の "Shrink-to-Fit" に近い感覚かも

洗濯による縮みを含めて「どの製品のどのサイズが最適か」は個人差があって、「買って着てみて判断」する要素が多く、なかなか難しいところではある。

オーシバルのコットンロードボーダー(着用時)

トリコロール、サイズ2を着用(身長162cm、体重50kg)

ただ一般的に言えそうなのは「細身体型が多い日本人」が「(オーバーサイズではなく)フィットしたサイズで着る」ことを考えると、オーシバルのサイズ感は良いところなのでは?とは感じる。

全般的にお洒落感のある、ボーダー柄やブランドロゴの配置

大した違いではないと言えばそうだけど、ボーダー柄やブランドロゴの配置も、さり気ないセンスを感じてお気に入り。

オーシバルのコットンロードボーダーシャツ、ブルーマルチストライプ

常時展開されている製品ではないけど、ブルーXグレーのマルチストライプとか、

トリコロールのマルチストライプ。

老舗ブランドのバスクシャツ製品にはあるようでない配色で、センスがお気に入り

最も、配色にはブランドのセンスの差というより、展開する日本のショップ側のセンスの問題かもしれない…。

オーシバル(ブランドロゴ、タグより)

それと、前身頃に入るミツバチのタグ。
タグで「ブランドを主張する」というのは古臭さもあるけれど、老舗なわけだしアリな感じがする。
「前身頃の脇」という目立たない場所にあるのも、オリジナリティがあって良い。

まとめ:セントジェームスに対する、アンチテーゼ的な1着

今回は、筆者が近年愛用している、オーシバル (Orcival) の定番商品、コットンロード・ボーダーシャツについてレビューしてみた。

オーシバルのコットンロードボーダーシャツ(3色、外観)

定番色の「マリン・生成り」はサイズ3、他2枚はサイズ2

コットンロード・ボーダーの魅力

スタンダード感のある「ウエッソン」とほぼ同じ生地の質感
「華奢体型」の多い日本人に適したやや細身なフィッティング
全般的にお洒落感のあるボーダー柄やブランドロゴの配置

オーシバルについての説明のはずが、半分くらいがセントジェームス「ウエッソン」に触れていた気もするけど…。
「御三家」と言いつつ、バスクシャツにおけるセントジェームスの存在感は、それだけ偉大だということなのかもしれない。
(日本国内の話なのか、世界的にそうなのかはよく知らないけど…)

オーシバルの魅力は、良くも悪くも「定番ゆえの古臭さ」もあるセントジェームスに対し、時代に合わせたエッセンスが程良く追加されている点だと感じる。
それを「チャラい」と捉えるか否かはあなた次第だけど、「偉大な定番」に対する、1つのアンチテーゼになっていることは確かだろう

[オーシバル] ORCIVAL コットンロード マリンバスク シャツ B211


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

★(おまけ)コーディネート例

コーディネート例

オーシバルのコットンロード・ボーダーシャツ(着用時)

サイズ2を着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
カットソー:オーシバル(本品)
シャツ:鎌倉シャツ
ボトムス:Gapのストレッチチノ( レビューページ へ)
靴:ホワイツのセミドレス( レビューページ へ)

オーシバルのコットンロード・ボーダーシャツ(着用時)

サイズ2を着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
カットソー:オーシバル(本品)
シャツ:鎌倉シャツ
デニム:ウエス
靴:宮城興業
鞄:ル・ボナーのパパスショルダー( レビューページ へ)
時計:ロレックスのエアキング( レビューページ へ)

あわせて読みたい

レッドウイング#875、オロ・イジナル(外観)
【12年愛用】レッドウイングの#875、オロイジナル【まだ若輩者】

続きを見る

【総額3万円台】腕時計組み合わせ3本、4パターン
【総額3万円台で揃える】腕時計3本の組み合わせ4選【約1万円/1本】

続きを見る

【NIKE BY YOU】ナイキのカスタムオーダーを試す【結構面白い】

続きを見る

 

 

スポンサーリンク


-ファッション, ニット・カットソー, 愛用品紹介
-, , , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5