バブアーのビデイル、外観

ファッション コート・アウター バブアー 愛用品紹介

【英国の名作】バブアーの定番ジャケット、ビデイル【12年愛用】

2021年3月8日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では、私が12年に渡り愛用しているバブアー (Barbour) の名作ジャケット、ビデイル (Bedale) の魅力について書きたい。

バブアーのビデイル(着用時)

とりあえず結論から先に言うと、筆者はビデイルをモコッと着る派です…。

ブランド(バブアー)と、ビデイルについて

バブアー(Barbour)について

バブアー(バーブァー、Barbour)は、英国のアウトドアウェアのブランド。1894年創業。
英国では最もポピュラーなアウトドアウェアの1つとして認知されているらしい。

バブアーのロゴ(Barbour渋谷店)

バブアーのジャケットの魅力を、いちファンとして端的に言うと、それは「ボトムス(ズボン)における、デニムのような良さ」だと感じる。
「デニムのような良さとは、具体的にどういうことか?」というと、それは下記の3点。

バブアーの魅力

着込むことによって「味」が出る、「育てる楽しさ」
「お洒落すぎない」ことによって、かえって日常使いがしやすい
(デメリットでもあるけど)機能的すぎないスタンダード感

バブアーについては下記記事で別モデル、ソルウェイジッパー(復刻版)についてレビューしている。
合わせて見ていただければと思う!

 

ビデイル(Bedale)について

ビデイル(Bedale)は、そんな英国のアウトドアウェアの老舗、バブアーの近年の基幹モデルとなるジャケット。1980年発売。

バブアーのビデイル(外観)
バブアーのビデイル(クラシック・ビデイル)

その成り立ちは、乗馬用ジャケットであるという点が特徴。
具体的なポイントは、下記の3点だ。

ビデイルの特徴

騎乗時のシルエットを考慮した、やや短めな着丈
背中側の裾にベント付き(センターベント)
動きやすさを考慮したパターン(ゆったりめなサイズ感・ラグランスリーブ等)

バブアーのビデイルの特徴
ビデイルの主な特徴。(左)ジャケットとほぼ同等の着丈、(中)サイドベンツ、(右)ラグランスリーブのパターン。

英国の乗馬用ジャケットというと、日本でも近年人気のラベンハム等のキルティングジャケットも有名だけど、上に挙げたポイントは、ラベンハムの主要モデルなんかとも共通点が多い。

筆者のような日本人の一般国民にとっては「乗馬」って馴染みがないけど、これで多少はイメージできた(…気がする)。

スポンサーリンク


ビデイルの良い点、悪い点

筆者が12年ほど愛用して感じた、ビデイルの魅力と悪い点について、以下で述べたい。

イマイチな点

ジャケット単体では防寒性が不足
防水性の裏返しで、ジャケット単体では結構蒸れる
独特のクレヨンのようなオイル臭

魅力的な点

英国産だけはある、高い防水性
(変な言い方だが)「格好良すぎず、適度に野暮ったい」ことで、気楽に着回せる点
経年変化によるオイルの抜け等が「アジ」になり、愛着が増す点

イマイチな点

耐候性について

まず、ダメだと思う点から。
Barbourのジャケットはコーデュロイの襟使いなどから、見た感じはそれなりに防寒性がありそうに見える。
だけどジャケット単体では、冷所ではオイルを含んだ生地が低温になって、身体が冷える。
率直に言って防寒性はあまり高くない

かと言って、暖所では都合が良いかというとそうでもなく、防水性・防風性が高いだけに結構蒸れる
「気候への対応」という面から述べると、ジャケット単品では春秋にも冬にも使いづらい。
(日本では)ファッション性を無視して機能面だけを考えるとイマイチな点もある品だ。

バブアーのビデイル(外観)

インナーで防寒性を上げて冬場に使うのがいいけど、ビデイルは短丈なので着られるインナーにも制約がある
スーツやテーラードジャケットとの併用は、丈によってはインナー側のジャケットの裾が見える可能性がある。あまりオススメしない。

ネガティブな書き方をしたけど、別売のファーライナーがあって、ライナーを着けるとかなり暖かくなる
防寒性を上げるためにライナーを着けた上で、冬期を通して着るのが、筆者的なオススメ。

別売りのファーライナー。
別種類のものもあるけど、このタイプが最も防寒性が高い。
胴部分のみではあるけど、防寒性が格段に上がる。
袖口はリブになっており、防風性は高い。
筆者は実際に使っていないけど、バイク用にも使えそう。

独特なオイル臭

独特なクレヨンのようなオイル臭は、旧仕様であるがゆえの弱点。
10年ほど前から、無臭タイプのオイルに切り替わっている

個人的には嫌な臭いではないけど、街着として着ることを考えると、周囲の人にとっては妙な臭い。
不快には思われなかったとしても、電車内などでは「何この臭い…?異臭?」と思われる可能性が高い。
周囲の人のことを考えると、やっぱり無臭タイプの方がベターなのかなという気はする。

魅力的な点

以上のようなマイナス点もあるビデイルだけど、そんなことも「アバタもエクボ」になってしまう魅力がある。

まず、首都圏住まいの筆者にとっては、冬季は雨が少ない季節。
それでも「耐水性がある、秋冬用のジャケット」は、あるとやっぱり便利だ。

雨の日用に耐水性のあるアウターがあると、他の洋服の寿命を伸ばせる

仮に秋冬のメインアウターがダウンコートだとしても、雨天時にダウンを着用するのは、服を永く着る観点からは好ましくない
この点、高額なダウンをお持ちの方ほど無頓着な気もするけど、大切に着たいなら雨用のアウターを1着保有するのがオススメだ。

実際に着用してみる(サイズ32、身長162cm・体重50kg)
ジャケットとしてデザインされすぎていないため、様々な着こなしに合わせやすい。

さらに、マストアイテムのライナーと合わせると、適度にポッテリする。
「シュッとしていてスマート」とは言い難いけど、逆にデイリーに着こなしやすい点が魅力。
5年ほど前に登場した「スリムフィット(SL)」もいいけど、ライナーを着けて、「若干モコモコさせて着る」というのは、防寒面だけでなくファッション的にもバブアーらしくて、個人的には好き。

まとめ

ポイントのまとめ

英国産だけのことはある、高い防水性
(変な言い方だが)「格好良すぎず、適度に野暮ったい」ことで、気楽に着回せる点
経年変化によるオイルの抜け等が「アジ」になり、愛着が増す点
ジャケット単体では防寒性が不足 別売のライナーを付ける
防水性の裏返しで、ジャケット単体では蒸れる 冬期に着る
独特のクレヨンのようなオイル臭 無臭オイルの新品を購入

色々と書いたけど、最後に述べておきたいバブアーの魅力は、何と言っても英国製品らしくエイジングが楽しめる点だ。
着用するにつれて、生地のオイルが落ちて徐々に表情が変わってくる。
愛着を持って着ると経年変化をして、さらに愛着が増す逸品になるというわけ。

例えば袖部など、アタリや屈曲が生じる箇所はオイルが抜けて色ムラがある。
着用の仕方によって多種多様な個性が出て、それが「アジ」になるのが魅力。

それぞれのお好みのスタイルで着こなして、「マイBarbour」を創っていっていただけたらと思う

バブアー ビデイル(クラシック)  オイルドジャケット(本品)


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

 筆者が保有しているクラシック・ビデイル。スタンダードな1品。

 

バブアー ビデイル SL オイルドジャケット


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

 数年前に登場した、スリムフィットのビデイルSL。最近のオーバーサイズの流行とは少し違うけど、これも格好いい。

 

(おまけ)コーディネート例、購入品のデータ

コーディネート例

クラシックビデイル
クラシック・ビデイル(サイズ32)を着用(身長162cm・体重50kg)

コーディネート詳細
ジャケット:バブアー・ビデイル(本品)

ニット:ユニクロ
シャツ:ブルックス・ブラザーズ
デニム:ユニクロ(レビューページ へ)
靴:ヤンコ
鞄:エルゴポック(レビューページ へ)

コーディネート詳細
ジャケット:バブアー・ビデイル(本品)

ニット:インバーアラン
シャツ:インディビジュアライズド・シャツ
ボトムス:バナナ・リパブリック(レビューページ へ)
靴:レッドウイングの875(レビューページ へ)
鞄:ヘルツ

購入品のデータ

ブランド バブアー(バーブァー、Barbour)
製品名  ビデイル・ジャケット
素材   綿(ワックスド・コットン)
    セージ
サイズ  32
価格   ¥45,000- 程度(別売ライナー除く)
製造国  英国
購入年月 2009年秋

 

あわせて読みたい

【購入レビュー】大人のバブアー、ソルウェイジッパー【復刻版】

続きを見る

バラクータのG9 "Vintage"
【ジャンパーの原型】バラクータのG9 "Vintage" 【10年愛用】

続きを見る

【Pコートのスタンダード】ショット(Schott)の740【12年愛用】

続きを見る

 

 

-ファッション, コート・アウター, バブアー, 愛用品紹介
-, , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5