ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ファッション ユニクロ ボトムス 愛用品紹介

【大人のジーンズ】ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

2021年2月12日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では、筆者がここ数年間、メインのデニムとして穿きまくっている、ユニクロストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(*商品名長い)について書きたい。

ユニクロのジーンズは約20年前の1900円デニムに始まり、賛否両論ある中で筆者も色々と履いてきた。
他のジーパンも履いてきたし、デニムはファッションの中でも、こだわりがある人が多いアイテムでもある。

色々と意見はあるだろうけど、個人的には「冥土の土産にはこのデニム1種類でOK?」と思えるほど、このデニムを大いに気に入っている。

オススメな方

★ 大人っぽくジーンズを穿きたい
  スタイル良くスマートにジーンズを穿きたい
  なるべく経年変化させず上品にジーンズを穿きたい

前置きが長くなったけど、この記事ではまず、このジーンズの特長について述べる。
また上のような方々に向けての、筆者流のオススメの穿き方についても書きたい。

ブランド(ユニクロ)と、このジーンズについて

ユニクロについて

ユニクロ原宿店にて、2021.02

ユニクロ (Uniqlo) は、言わずと知れた国内アパレルの最大手ブランド。
ファッション業界における製造型小売業 (SPA) として、世界No.1になる日も近い
現在の日本で最も勢いのある企業の1つと言っても良いだろう。

ユニクロ(イメージ)

ユニクロ製品については、別記事にて下記のレビューを書いている。
合わせて見ていただきたい!

ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの概要

ユニクロのジーンズ開発の歴史は、それなりに長い。
約20年前に世間を驚かせた「1900円ジーンズ」を皮切りに(?)、年毎にデニムパンツをリリースし、進化をしてきた。

筆者的にその歴史の1つの到達点だと考えているのが、今回のストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

このジーンズの特徴を挙げると、下記の3点になる。

POINT

ユニクロでは数少ない、リジッドデニム素材のジーパン
セルビッジデニム素材を採用しつつ、ストレッチ性を付加
年毎に変化する、モダンでスマートなシルエット

上に挙げた特徴とオススメの穿き方について、以下で詳細を述べる。

スポンサーリンク


ストレッチセルビッジスリムフィットデニムの特徴

ユニクロでは数少ない、リジッドデニム素材のジーパン

リジッドデニム(生デニム)というのは、一度も水通しをしていない、糊付き状態のデニム素材

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(デニム生地)

本格的に「育てる」ジーパンは、リジッドデニムで売られていることが多い。
愛好家が好む仕様で、カジュアルウェアの基本アイテム・ジーパンの中でも「基本」と言える仕様

そういう意味で「ベーシックの王様」ユニクロがリジッドデニムに取り組むのは、ある意味で必然ではある。
だけど、同時に難しさもあったのではと思う。その理由は主に2つある。

ユニクロジーンズ(ロゴ)

まず第1点めは、「1990円ジーンズ」をはじめとしたユニクロの過去のジーンズ製品が、ジーンズ愛好家からの評価としては必ずしも芳しくなかったこと。
大袈裟に言えば「(ゼロではなく)マイナスの評価をプラスに変える」必要があったはず。
この難しさは想像に難くない。

2点めは、リジッドデニム特有の「穿き心地の硬さ、洗濯による色落ち」などの扱いづらさ。

ユニクロ、LifeWear

ユニクロは企業姿勢として「消費者のマニアックな嗜好」よりも「日常着としての着やすさ・扱いやすさ」を明確に優先している。
ここにはズレがあって、ユニクロ製品として出す以上は、「リジッドデニムの扱いづらさ」を解消する必要があったはずだ。

要するによくあるリジッドデニムをただ安く売ればよい、という話ではなかったはずで、この点も製品化に対するハードルだったのではないだろうか。

上記のような難しいポイントに対し、ユニクロらしい進取の姿勢をもって商品化されたのが、今回紹介するストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ。
高いハードルをしっかり超えてきたことが、筆者が本製品を「ユニクロジーンズの、1つの到達点」だと考える理由だ。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用時)

キレイめな着こなしにもマッチする点が、リジッドデニムのファッション上のポイント(27インチを着用、身長162cm・体重50kg)

余談だけど、ユニクロは2021年春夏に「ユニクロ マスターピース」という特集を展開した。

ユニクロ マスターピース(冊子表紙)

店頭で冊子も配布されていたけど、今回のストレッチセルビッジスリムフィットジーンズは、冊子の中でも1番最初に登場するアイテムだった。
ユニクロのジーンズへのこだわり、そして本品に対する自信の深さが伺える。

ファッション的に考えると

リジッドデニムは、「マニア向けの、本格的な素材」というイメージだけど、ファッション的な観点では「最もキレイめなジーンズ素材」だという点もポイント。
洗いをかけたりダメージ加工が入ると、どうしてもカジュアルで「子供っぽい」印象になる。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用例)

サイズ27を着用(身長162cm、体重50kg)

なのでジーパンというアイテムの本来の主旨とは少し異なるけど、「大人のジーンズ」としてリジッドデニムを取り入れるのはオススメだ。

セルビッジデニム素材を使用しつつ、ストレッチ性を付加

セルビッジデニムというのは、生地の「耳」(パンの「耳」と同じで、端部のこと)にテープが施されたデニム生地のこと。
ジーンズ愛好者が好む、ヴィンテージデニムを象徴するような素材だ。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(セルビッジ)
一般的なデニム(左、リーバイス501(2015))とセルビッジデニム(右、本品)の比較。
セルビッジデニム(右)は、ロールアップ時に生地の耳の白いテープが見える。
実用上の差異はないが、デニムマニアが拘るポイントで、商品性に関わる部分でもある。

このジーパンの最大の特徴は、一般的に「硬派な愛好家が好む生地」であるセルビッジデニムに、化学繊維を混紡してストレッチ性を付加している点だ。
ジーンズ愛好家からしてみれば、「セルビッジデニムは綿100%だろ!」という話で、意味不明な仕様かもしれない。
だけど「着やすさ・扱いやすさ」に対するユニクロのこだわりからすると当然だし、「リジッドデニムのネガ」を解消する上でのキーポイントでもある。

賛否はあるだろうけど、ユニクロらしい先進的な発想が感じられるポイントではある。

年毎に変化する、モダンでスマートなシルエット

最後のポイントは、キレイめなコーディネートにも対応しやすい、スマートなパターンが採用されている点。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用時)

シルエットは非常にスッキリしていて、野暮ったさがない(サイズ27を着用、身長162cm・体重50kg)

このパターンを達成できたのは、上でも述べたストレッチ性の付加により、穿き心地が担保できていることが大きい。
(まあ、「素材を化繊混紡にしてストレッチ性を持たせ、フィット感のあるパターンにする」というのはレディースのジーンズでは常識的な手法で、それ自体に目新しさはないけど…)

標準的な5ポケットのスタイル。リベットの仕上げは年次により異なるけど、近年のモデルは主張の少ないグレー系のメッキが施されている

以上の3項目をまとめると、リジッドデニムにストレッチ性を付加することで、スマートなパターンと穿き心地の両立が可能となり、「素材感とシルエット、両面で大人っぽいジーンズ」を実現している。

これが税抜たったの3990円というのは、やはりユニクロ恐るべしである。

オススメの穿き方

最後に、個人的なオススメの穿き方について書きたい。

色落ちの検証をしている記事をネット上でよく見るけど、筆者としてオススメな「大人向けの」穿き方を端的に書くと、それはズバリ「一切水を通さない」ことだ。

リジッドデニムは、購入直後に洗濯をして生地の糊を落とすのが基本だけど、糊を落とすと色落ちが一気に進みやすくなる。

なので綺麗めな印象を保つため、一切水を通さずに穿き続ける
日常的な使用で糊が徐々に落ちる。が本品の場合、週に数回の着用で1年くらいは「キレイめ感Maxの状態」をキープすることが可能だ。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(バックスタイル)
バックポケットのステッチもなく、極めてシンプルな外観

ちなみに「真夏もジーパンを穿きたい」とか、「実際に穿いている」人も多くいる。
真夏に着用すると汗で糊が落ちるし、水を通さないと衛生的にイマイチになるので推奨しない

そして最終的に洗濯が必要になった場合には、次シーズンのモデルが出ているはずなので、新品を買う
旧品を洗濯して穿き続けるか、捨てるかは自由。

やっぱり「大人っぽいジーンズの穿き方」として、「シルエットがスマートで、色落ちさせてない1本」は、ワードローブに常備させておきたい
上記のような贅沢な(?)願望が叶えられるのも、ユニクロの企業努力によるコスパの賜物。感謝感謝。

まとめ

今回は、ユニクロの銘品、ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズについて、見どころとオススメの穿き方について書いてみた。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用時)

サイズ27を着用(身長162cm、体重50kg)

本品の特長

ユニクロでは数少ないリジッドデニム素材のジーパン
セルビッジデニム素材を採用しつつ、ストレッチ性を付加
年毎に変化する、モダンでスマートなシルエット

オススメの穿き方

一切水を通さず、リジッド感を維持する
洗濯が必要になったら新品を購入
真夏の着用は避ける


「洗濯で縮む」とか「生地が薄っぺらい」等の評判もあるようだけど、個人的にはやっぱりこのジーンズは名作だと思う。
価格は安いけど、シーズン毎にシルエットは変更されていく。
気に入ったシルエットの年次があれば、まとめ買いをしておくのも良い

ユニクロ(TOPページ)

 

★(おまけ)コーディネート例

サイズ:27inchを着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
コート:バブアーのソルウェイジッパー(レビューページ へ)
デニム:ユニクロ(本品)
靴:ジョージ・クレバリー
鞄:フィルソンの70256(レビューページ へ)
マフラー:バブアー

ショットの740:コーディネート
サイズ:27inchを着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
コート:ショットの740B(レビューページ へ)
デニム:ユニクロ(本品)
靴:アルフレッド・サージェント
鞄:ポキット
マフラー:インバーアラン

サイズ:27inchを着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
ジャケット:トゥモローランド
デニム:ユニクロ(本品)
シャツ:バーンズ・アウトフィッターズ
ベスト:エンジニアード・ガーメンツ
靴:ペグマン
鞄:ポーター

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用時)

サイズ:27inchを着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(レビューページ へ)
デニム:ユニクロ(本品)
Tシャツ:無印良品の絶滅危惧種プリントTシャツ(レビューページ へ)
靴:ジャラン・スリウァヤ

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ(着用時)

サイズ:27inchを着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
ジャケット:バラクータのG9( レビューページ へ)
シャツ:スウィープ!!
ベルト:ホワイトハウス・コックス
ネクタイ:ユニクロ
靴:フローシャイムのコブラヴァンプ( レビューページ へ)
ネクタイピン:ユニオンワークス

 

あわせて読みたい

ユニクロUのクルーネックT(外観)
【究極のTシャツ?】ユニクロUのクルーネックT【男も着ようぜ】

続きを見る

ユニクロの感動ジャケット
【イマドキのII型?】ユニクロの感動ジャケット【コーデ例も】

続きを見る

ユニクロの感動パンツ(外観)
【真夏向き】ユニクロの感動パンツ【セットアップ、コーデも】

続きを見る

 

 

-ファッション, ユニクロ, ボトムス, 愛用品紹介
-, , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5