ショットのType G-1、#675

ファッション コート・アウター 愛用品紹介

【フライトジャケット】ショットのType G-1、#675【男気溢れる】

2021年2月23日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では、筆者自身がうら若き20代の頃から愛用しているフライトジャケット、ショットType G-1をレビューしたい。

G-1ジャケットをオススメする方

男っぽい革ジャンを着たい方
細身でフィット感のある革ジャンがほしい方
バイク向けなどに、防寒性・防風性のある革ジャンがほしい方

ショットのType G-1(拡大図)

G-1ジャケットは「軍モノの革ジャンの名作」と言われるものの1つ。レビューを通じて、G-1ジャケットの魅力についても考えたい。

ブランド(Schott)と、Type G-1について

ショット(Schott)について

ショットのロゴ

ショット(Schott)は、米国のアウターウェア(ジャケット・コート)のメーカー。
創業は100年ほど前。その歴史の中で数々の銘品を生み出している。
20世紀の米国のカジュアルウェア史を体現するブランドの1つ、と言っても過言ではないだろう。

最も著名な製品は、20世紀後半のバイク文化(※ヒッピー文化等に関連)を彩ったことで知られるライダースジャケット。
一方で、米軍向けに供給されていたコートや、フライトジャケットも有名

米軍向けのコートの看板商品、Pコート(740N)について、別記事でレビューしている。
合わせて見ていただければと思う!

G-1ジャケット(Type G-1)について

G-1ジャケット(Type G-1)は、米国海軍のフライトジャケット。
1950年に登場。

前身頃の左側(ジッパー裏手)に隠れている、USN(米国海軍)のパンチング刻印。

フライトジャケットというのは、空軍機の乗組員が乗務時に着用するためのジャケット。
他の軍服の例に漏れず、民間に出回ることで多くの「ジャンパー」の起源になっている。(MA-1、N-3Bなどが著名)

aircraft

飛行機が発明されたのが1903年だから、フライトジャケットの歴史も20世紀から始まる。
初期のフライトジャケットの素材、それは「革」
そこからよりハイテクで高機能なナイロンジャケット(MA-1など)が出現して、現在に至る。

革製フライトジャケットの傑作、Type G-1(本品、左)とType A-2(米国陸軍、右)

Type G-1は、米国陸軍のType A-2と双璧をなし、「革素材のフライトジャケット」の名作として知られている。
陸軍系のType A-2については、下記のレビュー記事も見てほしい!

以下では私物のレビューを通じて、G-1ジャケットの特徴・魅力を考えてみたい。

スポンサーリンク


ショットのType G-1(#675)のレビュー

ミルスペック品のタグ。生産者名、仕様についての印字がある。

筆者が愛用しているG-1は、ショットが1990年代の初頭まで生産していたミルスペック品を、2000年代に復刻したもの。

ショットのG-1(#675)の魅力

このジャケットが魅力的だと思うポイントは、下記の3点。

魅力的な点

防寒性と着こなしの両面で役割を果たす、襟のボア
ダボつきのない、スマートなシルエット
冬場でも、そこそこ乗り切れる防寒性
雨や湿気を過剰に気にする必要のない耐雨性

下記で、詳細について説明していく。

防寒性と着こなしの両面で役割を果たす、襟のボア

襟のボアは防寒性・外見の上で、このジャケットのポイントになる要素

G-1の見た目の1番の特徴は、何と言っても襟のボア
このボアはリアルムートンというのが定石。このお陰で、首周りの防寒性が高まる点もポイント。

ショット Type G-1, サイズ34を着用(身長162cm・体重50kg)

また、「襟のボリューム感がある」というのも、着こなしの上ではポイント。
小顔効果があるし、単純に吊るしの状態でも格好いい

なお、様々なメーカーからG-1ジャケットが出ているけど、残念ながら襟のボリューム感と価格は比例する
やっぱり極力ボリューミーな襟のものが格好いいと思う。お財布的には厳しいんだけど…。

ダボつきのない、スマートなシルエット

このジャケットは「当時の洋服の基準」から考えると、肩幅・身幅が細め。
筆者の手元にあるモノ(サイズ34)の場合、肩幅が約40cm・身幅が50cm弱くらい。

実際に着用すると、結構身幅が細いシルエット。

最近のオーバーサイズの流行とは少し異なる気もするけれど、ダボッとしすぎずに着られるのは、個人的には好きなポイント。

後肩部のアクションプリーツ。スリムでありながら、肩の可動域を確保する構造。

その秘密はバックヨークのアクションプリーツなど、フィット感がありつつも可動域を確保するべく設計されたパターンにある。
まあ一口にG-1と言っても色々な製品があって、ゆったりとしたシルエットのものもある。
体型や好みによっては、ゆとりのあるモデルがオススメかもしれない。

冬場でも、そこそこ乗り切れる防寒性

フライトジャケットには、適した温度域を示す「適応ゾーン」があり、G-1の場合は「-10℃〜10℃」の「中間ゾーン」に対応したジャケットになる。

タグの再掲。"Jacket, Intermediate, Flyer's" の刻印。
適応ゾーンが「中間」(Intermediate)であることを示す。

-10℃とは言っているけれど、航空機とは違って屋外では風で体温を奪われる。
オジサン的には、10℃を下回ると防寒性の不足を感じるといった具合だ。

逆に言えば、マフラー等がなくても10℃くらいまでならOKなので、冬場でも昼間やクルマ中心の移動であれば、そこそこ乗り切れてしまう。

春秋の季節が短い近年の日本の気候だと、(Type A-2などの)「ライトゾーン」(10℃〜30℃)よりも、この「中間ゾーン」の方が出番が多いのが実情だと思う。

雨や湿気を、過剰に気にする必要のない防雨性

このジャケットの表地は山羊の成体の革(ゴートレザー)。
山羊革の特徴は、独特な凹凸(シボ)があって、表面(ギン面)が丈夫なこと。

表革のゴートレザーは独特なシボと光沢感がある。
G-1に「男っぽさ」を感じる要素でもある。

「革ジャン」の素材としては牛革・馬革が多いけど、これらと比較すると水に強く、着用を繰り返してもスレ・剥がれが起きにくい

そういう「経年変化」がアジという考え方ももちろんあるけれど、単純に素材として優れた性質だと思う。

 

ショットのG-1(#675):イマイチな点

実際に使用して「イマイチだと感じる点」は、そんなにない。
強いて言うと、下記の2点かな。

イマイチな点

「アジが出る」という面は弱い
メンテナンス性の悪さ

「アジが出る」という面は弱い

これは、上述した「ゴートレザーの利点」の裏返し

水に強くて丈夫で良い素材ではあるけれど、経年変化で色艶が劇的に変わるとか、そういう要素は比較的薄い気がする。

全くないわけではないけれど、エイジングを重視するならばゴート以外の素材のものを選ぶか、A-2などを入手する方が良いかもしれない。

メンテナンス性の悪さ

これはG-1だけではなくて、革ジャン共通の問題点。
本体よりもリブ・裏地のような布地の方が耐久性がないけど、率直に言って修理は面倒なポイントではある。

G-1に限定して言えば、ファーと前身頃のポケットのボタン

ファーは経年変化で劣化するものだし、ボタンも布の服とは異なり、自分で付け替えるのは困難
10年弱使用して、まだメンテが必要な状況ではないけど、いつかは考えないといけないんだろうな〜、と思っている。

まあ、布製の服よりも耐久性があるための問題
イマイチな点として挙げるほどの話でもないかもしれない。

まとめ

この記事では、筆者の愛用品、ショット(Schott)G-1ジャケット(#675)をレビューしつつ、G-1というフライトジャケットの魅力についてレビューしてみた。

ショットのType G-1、#675
ポイントのまとめ

防寒性と着こなしの両面で役割を果たす、襟のボア
ダボ付きのない、スマートなシルエット
冬場でも、そこそこ乗り切れる防寒性
雨や湿気を過剰に気にする必要のない耐雨性
「アジが出る」という面が弱い
メンテナンス性の悪さ

いまの若い方には、こういう「男っぽい」洋服って流行らない(?)気もするけど、やっぱりこのジャケットは名作だと思う。
オジサンが着ても格好いいんだけど、若い方にこそ是非、袖を通してほしい1着

主な製品・ブランド

●バズリクソンズ

復刻のリアルさで有名な日本のブランド、バズリクソンズのG-1。やや淡色系なボアが格好いい1着。

●アヴィレックス(AVIREX)

店舗でもお馴染みの米国のミリタリーウェア・ブランドのAVIREX。
写真のジャケットは、映画 "Top-Gun" で有名なパッチ仕様。これも格好いい。
羊革でゆったりとした身幅の仕様。恰幅の良い方にも。

●ヒューストン(HOUSTON)

日本のミリタリーブランド、ヒューストン(Houston)。
写真の製品はリアルムートンの襟だけど、コスパが良い1着。入門編に最適そう!

★(おまけ)コーディネート例、製品のデータ

コーディネート例

ショット Type G-1 (#675)、サイズ34を着用(身長162cm、体重50kg)

コーディネート詳細
ジャケット:ショット Type G-1(本品)

ニット:ユニクロ
シャツ:鎌倉シャツ
デニム:ユニクロ(→レビューページ へ)
靴:ホワイツのセミドレス(→レビューページ へ)

 

製品のデータ

ブランド ショット(Schott)
製品名  Type G-1 (Spec No. 675)
素材   ゴートスキン(表地)、ナイロン(裏地)、ムートン(襟)
    ブラウン
サイズ  34
購入年月 2011年冬
価格   70,000円

 

あわせて読みたい

【Pコートのスタンダード】ショット(Schott)の740【12年愛用】

続きを見る

モーガンのType A-2(外観)
【お買得】モーガンのType A-2ジャケット【エリート兵士気分】

続きを見る

【購入レビュー】ホワイツのセミドレス【1/2:米国からオーダー!編】

続きを見る

 

 

-ファッション, コート・アウター, 愛用品紹介
-, , , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5