ユニクロの感動ジャケット

ファッション コート・アウター ユニクロ 愛用品紹介

【イマドキのII型?】ユニクロの感動ジャケット【コーデ例も】

2021年4月27日

こんにちは、物欲紳士です

すっかり春らしくなってきた今日この頃。
この記事では、春夏のユニクロ定番製品の中で、私的なオススメ品を紹介したい。

ユニクロの感動ジャケット(着用画像)

サイズXSを着用(身長162cm, 体重50kg)

今回紹介するのは、ユニクロ感動ジャケット

まずはブランド(ユニクロ)と、このジャケットの概要について見ていきたい。

ブランド(ユニクロ)と、感動ジャケットについて

ユニクロ(Uniqlo)について

ユニクロ(ロゴ)

ユニクロ(Uniqlo)は、言わずとしれた国内No.1のアパレルメーカー。
世界進出の勢いも目覚ましく、日本の製造業の中で、近年最も元気のある企業と言えそうだ。

ユニクロ (オンラインストア・トップページへ)

ユニクロ製品については、過去にデニム(ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ)を紹介している。
合わせて見ていただきたい!

ユニクロ(イメージ)

感動ジャケットについて

感動ジャケットの概要

「感動ジャケット」は、ユニクロの高機能ジャケット。

ユニクロの感動ジャケット(外観)

機能面での主な特色は、「軽量・ストレッチ・洗濯可(速乾)」の3点。価格は5990円(税込)。
「高機能&低価格」という、ユニクロらしさが詰まった1着だ。

コットンライク・ネイビー、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

同系色のパンツもラインナップされていて、セットアップも可能
コーデについては、本記事の後半に記載したい。(→コーディネート例 へ)

★セットアップで使えるパンツについては、感動パンツについての記事 を参照してほしい!

モダンなII型ジャケット…?

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

今回紹介する「感動ジャケット」だけど、そのディテールを見てみると、

感動ジャケット(特徴)
(左)2つボタン、ダーツ(ウエスト絞り)なしのナチュラルショルダー
(右)センターベント

2つボタン
・ダーツ(ウエストの絞り)がないボックスシルエット
・肩パッドなしのナチュラルショルダー
・斜めステッチのセンターベント

という仕様になっている。
そして上記の仕様、’60年代のアイビー・ファッションで言うところの「II型ジャケット」の特徴と似た感じだったりする。

ivy
「既製服の大量生産」を特徴としたブルックス・ブラザーズなどと同様、ユニクロも「大量生産による合理性」を志向しているため、必然的に特徴も似てくるということかもしれない。
またこのジャケットはアイビー世代のジャケットと同様に、コットンなどのカジュアル素材のラインナップも豊富

本品は、さしづめ ’60年代のアイビー・ジャケットの現代版という立ち位置の製品だと言えなくもない。

ユニクロ、LifeWear

まあユニクロは "Life Wear" を標榜しているから、細かいディテール・形式の話とかは、結構どうでもいいんですけどね…

スポンサーリンク


感動ジャケットの良い点、イマイチな点

さて、感動ジャケットだけど、素材は(執筆時点で)「ウールライク」「コットンライク」「シアサッカー」の3種がラインナップされている。
(*素材は全て化学繊維)

後述するけど、ウールライクな素材は質感がイマイチな気がしている。
がぜん気になるのは、「コットンライク」「シアサッカー」

ユニクロの感動ジャケット(外観)

シアサッカーはパッチポケット、コットンライクはフラップポケットになる

この2種類の感動ジャケットについて、私的な「良い点と、イマイチな点」を挙げると、下記になる。

良い点

豊富なサイズのバリエーションから、フィット感を選べる
普段使いに、全く問題ない生地の質感
コーデの幅が広がる、嬉しい低価格

イマイチな点

(オンラインストアで)袖丈の補正ができなくなった
製品のネーミングが微妙

以下で、それぞれについて説明していきたい。

感動ジャケット:良い点

豊富なサイズのバリエーションから、フィット感を選べる

サイズバリエーションについては、店頭に置いてあるのは「S〜XL」までの4サイズ。
でもオンラインストアでの取り扱いサイズは、「XS〜4XL」までの8サイズとなり、さらに「着丈・袖丈短め」(XS〜4XL)が加わり、何と16サイズもある

試着ができないのが難点なんだけど、サイズにこだわる場合は
「店舗で試着」→「試着結果をベースに、オンラインで注文」がオススメ

「ボディのフィット感は選べない」点は、スーツ店で売っているジャケットとは異なる。
まあこの点は「そういう洋服である」と考える。
少なくとも丈に関しては、99%以上の人をカバーしているのではないかと思う。

普段使いに、全く問題ない生地の質感

「コットンライク」「シアサッカー」の生地については、化繊でありながら(「高級感がある」とは言わないまでも)質感として、全く問題ない

感動ジャケット(シアサッカー生地)

シアサッカーの生地。うねり感もリアル

「天然生地っぽさ」があるのは、「シアサッカー」生地。
高級なシアサッカー生地は、もっと凹凸がある気もするけど、見た感じは麻・コットンのシアサッカー生地のようにしか見えない。

感動ジャケット(コットンライク)

コットンライク生地はコットンっぽくはないが、光沢感があって綺麗

「コットンライク」は「コットン感」は薄く、化繊っぽいテロテロした感じ。
でも天然のコットンにはない「光沢感」があり、結構良い。

セレクトショップなんかで売っている、2万円くらいの「抜け感のある」ジャケットに使われていそうな生地だ。

感動ジャケット・コットンライク(洗濯後)

(分かりづらいけど)洗濯後、アイロン掛けをしないと表面にやや凹凸が出てくる

また、数回洗濯すると、(アイロンを掛けないと)凸凹感が出てくる。
アイロン or ドライクリーンで綺麗に保つのも良いけど、水洗いを繰り返してちょっと洗いを掛けた感じを出す、という楽しみ方もできそうだ。

感動ジャケット(ウールライク)の生地

「ウールライク」の生地。(写分かりづらいけど)化繊っぽい感じで質感がイマイチな気がする…

一方、「ウールライク」の生地は、(個人的には)質感がイマイチだと思う。
「サマーウールっぽさ」を出したいんだろうけど、本物のウールの方が質感に分がある。
まだまだ改良の余地があるはずなので、今後が楽しみなところだ。

コーデの幅が広がる、嬉しい価格

最後に、価格である。
感動ジャケットの価格は、税込5,990円。

セットアップでも約9,000円。これが定価なのだから、爆安である…!

筆者もコットンライク2色とシアサッカー、計3種のセットアップを買ってしまった…。
セットアップで持っていれば、色々と楽しめるシリーズだ。

感動ジャケット:イマイチな点

(オンラインストアで)袖丈の補正ができなくなった

以前(3年ほど前)は感動ジャケットもオンラインストアで袖丈の補正が可能で、「着丈は長めだけど、袖丈は短め」なんてのも可能だった。
しかし、記事執筆時点(2021. 04)では、袖丈の補正ができなくなった模様。

感動ジャケット(袖口)

いわゆる「開き見せ」タイプの袖口。もちろん補正は可能だけど、手間がかかる

このジャケットは、「袖口にボタンが付いているタイプ」。
こういう「袖口が完成しているジャケット」の場合、袖丈の補正は(できるけど)面倒になる。
合理性を考えれば、致し方ないのかもしれない。

その代わり、上述のように「着丈・袖丈短め」の選択肢ができたのは朗報。
この変更を「サービスの改善」と考えるか否かは、捉え方次第かもしれない。

(どうでもいいけど)製品のネーミングが微妙

最後に、(本質的ではないけど)「感動ジャケット」というネーミングは、個人的にはユニクロらしくないと感じて、ちょっとどうかと思っている。

このジャケットに「ユニクロらしいネーミング」を勝手に付けると、「ストレッチウォッシャブルウルトラライトジャケット」
「いやいや、『感動ジャケット』の方が覚えやすいでしょ〜」という方もおられるだろうけど、個人的には前者を推す。

理由は、まず「『感動ジャケット』下さい〜」と言うのに、若干の気恥ずかしさを感じること。

さらに言えば、「感動ジャケット」の「感動」というのは、(作り手側ではなく)「買い手側が抱く感情」だと思うけど、このジャケットに感動をするか否かは、買い手側の自由

「100年コート」とか「ラクチンシューズ」とか、似たような発想のネーミングって、アパレル製品には多い。
そして名前に込められた「感動」「100年」「ラクチン」というのは、ただの「売り手側の願望、要するに押し付け」なのだ。

「イメージやアピール感のあるメッセージで、商品を売る」という慣行が、ファッション業界で特に盛んなのは否定できない。
だけどユニクロの良いところは、「売り手側の自己主張を廃し、商品で良さを実感してもらう」という「愚直さ」なのではないかと思う。

ユニクロの感動ジャケット(外観)

この「愚直さ」こそが、ユニクロが掲げる "Life Wear" の正体で、多くの人々に支持されているポイントでもあるはずだ。
個々の商品のネーミングに関しても、企業としての方針を貫徹してほしい、と感じるのだ。

コーディネート例・オススメの着こなし方

コーディネート例

ジャケパンスタイル

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

シアサッカー、袖丈着丈短め、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

シアサッカータイプのものをデニムと合わせてタイドアップ。
真夏にも使え、スッキリ見えるスタイル。

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
シャツ:ユニクロ
ネクタイ:ユニクロ
デニム:ユニクロ
靴:宮城興業の謹製誂靴

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

コットンライク・袖丈着丈短め、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

ベージュのコットンライクのジャケットと、デニムを合わせてカジュアルに。

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
Tシャツ:無印良品の絶滅危惧種プリントTシャツ( レビューページ へ)
デニム:ユニクロ( レビューページ へ)
靴:ジャラン・スリウァヤ
サングラス:レイバン

ユニクロの感動ジャケット(着用画像)

コットンライク・袖丈・着丈短め、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

上のコーデ例と同じジャケット・ジーンズで、タイドアップした例。
ドレスコードによっては、オフィススタイルでも通用しそう。

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
シャツ:ユニクロ
ネクタイ:ユニクロ
デニム:ユニクロ( レビューページ へ)
靴:パラブーツ( レビューページ へ)
時計:ノモスのオリオン( レビューページ へ)
鞄:ポーター

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

コットンライク(ネイビー)、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

ネイビージャケットとベージュパンツという組み合わせ。
ビジネスにもカジュアルにも、汎用性がありそう。

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
シャツ:ユニクロ
ボトムス:ユニクロの感動パンツ( レビューページ へ)
靴:ジャラン・スリウァヤ
時計:ロレックス( レビューページ へ)

セットアップスタイル

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

コットンライク、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

コットンライク(ネイビー)をセットアップで合わせる。
ニットと合わせると、モダンな印象になる。

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
ニット:ユニクロ
ボトムス:ユニクロの感動パンツ( レビューページ へ)
靴:コール・ハーン
鞄:ポーター
時計:チューダー( レビューページ へ)

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

コットンライク、袖丈着丈短め、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

コットンライク・ベージュの上下セットアップ。
現代的なコットンスーツという趣きだけど、着こなしの難易度はやや高い…

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
シャツ:ユニクロ
ネクタイ:フィオリオ
ボトムス:ユニクロの感動パンツ( レビューページ へ)
靴:パラブーツのコロー( レビューページ へ)
鞄:グレンロイヤル

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

シアサッカー・袖丈着丈短め、サイズXSを着用(身長162cm、体重50kg)

夏のトラッドな装いでは定番の、シアサッカー・スーツの着こなし。
インナーはシンプルなニットポロをチョイス。
現代の街中で着るには、ちょっと勇気がいるかも…

コーディネート詳細
ジャケット:ユニクロの感動ジャケット(本品)
ポロシャツ:ビームスF
ボトムス:ユニクロの感動パンツ( レビューページ へ)
靴:フローシャイム

オススメの着こなし方

ユニクロのアウターを着る際に問題となるのが、「人の洋服とカブる」という点。
一部小癪なテク(?)も含むけれど、これを回避しつつ格好良く着こなす方法について、以下で解説したい。

サイズにはこだわる(特に袖丈!)

まずサイズについてだけど、基本的には袖丈を重視しよう。

ユニクロで買った服も、袖丈とパンツ丈を失敗した場合は、お直し屋さんで補正が可能。
だけど失敗は許されない。なぜなら購入金額に対して補正金額が高く、せっかくのコスパが台無しになるから…。
気合いを入れて、後補正ナシで1発で合わせる必要がある…!

ジャケットの丈感

親指の付け根(赤丸部)に袖先がかからず、1cm程度余裕があるのが、一般的な丈感

袖丈について:ジャストの袖丈は、腕を下ろした時、袖先が親指の付け根にかからないくらい。
カジュアル用ならば少し長めでも良いけど、基本は上写真のセオリーに合わせるのがベター。

ジャストな袖丈だと思う手持ちの洋服の袖丈を測定し、スマホにメモって永久保存する。
もし不安があれば、測定値の袖丈の製品を店頭で試着確認できれば完璧。

ユニクロ、ストレッチウールジャケット

別商品になるけど、ストレッチウールジャケットはサイズオーダー用のサンプル服が、大規模店舗には置いてある。
サンプル服を着てみて、ベストなサイズ感を数値化しておくのもアリ。
別商品だから若干異なる部分もあるだろうけど、通常はほぼ問題にはならないはずだ。

ユニクロの感動ジャケット(着用時)

袖丈基準でサイズを選べば、今っぽい短めの着丈になるはず

着丈について:着丈に関しては、それほどこだわる必要はない
上項で言及したアメトラスタイルとか、伝統的なジャケットは本品よりも着丈が4〜5cmくらい長い

選んだサイズの着丈が長めならばトラッド寄り、短めならば現代的ということになる。
だけど、袖丈基準でサイズを決めた時点で、長めのトラッドな着丈には、ほぼ確実にならない
結果的に、モダンな「短め着丈」のルックになるはず。

(セットアップ)ユニクロの感動パンツ(パンツの丈)

パンツの裾仕上げと丈感は、ジャケットより重要かも

なおセットアップの場合、「パンツのサイズ選び・仕上げ」はジャケットのサイジングより、さらに重要となる。
この点については、別記事も見てほしい!

関連記事

ユニクロの感動パンツ【セットアップ、コーデも】
 

小物で差をつけろ…!

全てのTPOで使えるわけではないけど、小物で差を付けるのは有効だと思う。

個人的なオススメは、以下の3パターン。

●ブートニエール&ポケットチーフ

ユニクロの感動ジャケット、着こなし(ブートニエールとチーフ)

イタリアブランドの専売特許(?)ブートニエールを取り入れると、お洒落感が増す

花飾りのようなブートニエールは、イタリアの某ジャケットメーカーが流行らせたアイテム。
これがあるだけで「10万円のジャケット??」という感じとなる。
到底ユニクロには見えません…!

小癪と言えば小癪だけど、オススメ。
しかも1000円以下で買えます

◆ブートニエール



AMANOGAWA ブートニエール タックピン ラペルピン ブローチ ピンブローチ メンズ レディース 花
↑画像をクリックで、外部サイトへ移動( Amazon.co.jp)

チーフは本格的なもの(シルクかリネン)でもいいけど、ポケットに挿すだけの簡単なもので十分。
ポリエステルのもので問題なく使え、1000円くらいで調達可能

◆差し込み式ポケットチーフ


【日本製】 シルクポケットチーフ 差し込み パフド メンズ
↑画像をクリックで、外部サイトへ移動( Amazon.co.jp)

●ピンバッジ(ラペルピン)

「ブートニエールはチャラい」という方にオススメなのが、ピンバッジ(ラペルピン)

ユニクロの感動ジャケット、着こなし(ラペルピンとチーフ)

ラペル用のピンバッジを、アクセサリーとして付けるのもお洒落

これも1000円チョイ
ブートニエールほどは目立たないが、適度な主張で差を出せるかも。

◆ピンバッジ


AMANOGAWA タックピン スワロフスキー ラペルピン
↑画像をクリックで、外部サイトへ移動( Amazon.co.jp)

●チーフ&ペン

ユニクロの感動ジャケット(ペンとチーフ)

少し良いペンを挿すのも、知的な感じでお洒落

ペンを挿すのも、インテリっぽい感じで良い。実用的でもある。
お持ちの方は、メガネなんかを加えてもお洒落かもしれない。
相手がユニクロだけにコスパにこだわりたいけど、さすがに100円のペンはNGなので気をつける。

写真で挿しているのは、パーカージョッター
70年近く生産している名作で、コスパも高くてオススメだ。

◆ボールペン


パーカー ボールペン 油性 ジョッター コアライン ウォーターブルーCT 1953411
↑画像をクリックで、外部サイトへ移動( Amazon.co.jp)

まとめ:細かいことにはこだわらず、自由に着たい1着

今回は非常に使いやすく、面白いユニクロの定番ジャケット「感動ジャケット」をレビューした。
コーデと私的な着こなしの方法についても書いてみた。

ユニクロの感動ジャケット(外観)

ポイントのまとめ

豊富なサイズのバリエーションから、フィット感を選べる
普段使いに、全く問題ない生地の質感
コーデの幅が広がる、嬉しい低価格
(オンラインストアで)袖丈の補正ができなくなった
製品のネーミングが微妙

オススメの着こなし

サイズにはこだわる!
小物使いで差をつける!

色々と書いたけれど、冒頭で「I型」「II型」みたいな定番のジャケットの型に触れたのは、イマイチ良くなかったのかもしれない…。
というのも、トラッドなスタイルにはこだわりがある方も大勢いらして、得てして「◯◯じゃないと△△じゃない…!」みたいな話になることもあるからね…。

ユニクロは "Life Wear" を標榜するブランド。人生はそれぞれだし、このジャケットの着方も自由。
個人的には「カブるのは嫌」だから、着こなしの方法も書いてみた。
だけどそれらも、あくまで「自由に着るための1つの参考」に過ぎない。

近年のファッションは、過去のスタイルのように幾パターンに類型化できるものではない。
だから、気に入ったらとりあえず買ってみて、自分なりに楽しめばよいのだと思う。

そして、それをサポートしてくれるような機能性や価格が、本品にはある。
そのような意味でも、このジャケットは至極現代的な1着と言えるではないか、と感じた

ユニクロ (オンラインストア・トップページ)

 

あわせて読みたい

ユニクロの感動パンツ(外観)
【真夏向き】ユニクロの感動パンツ【セットアップ、コーデも】

続きを見る

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ
【大人のジーンズ】ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

続きを見る

【総額3万円台】腕時計組み合わせ3本、4パターン
【総額3万円台で揃える】腕時計3本の組み合わせ4選【約1万円/1本】

続きを見る

-ファッション, コート・アウター, ユニクロ, 愛用品紹介
-, , , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5