バンソンのModel B(外観)

ファッション コート・アウター 愛用品紹介

【シングルライダースの定番】バンソンのModel B【硬派な男の1着】

2021年2月17日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では筆者の愛用品の中から、ライダースジャケットの定番・バンソン(Vanson)Model Bを取り上げたい。

このジャケットをオススメする方

ホンモノのライダース・ジャケットが欲しい方
  合わせやすく、長く着られるライダース・ジャケットが欲しい方
  街着としてではなく、バイクにも乗れるジャケットを着たい方

ブランド(バンソン)と、Model Bについて

バンソン (Vanson Leathers) について

バンソン (Vanson Leathers) は、1974年に米国で創業。
米国で最も著名なバイク用のレザーウェアブランドの1つ。

バンソン(ブランドロゴ、製品タグ)

バンソンは、以前記事でPコートを紹介したショット (Schott) などの老舗と比べると、後発のブランド。
にも関わらず、米国のバイク用レザーウェアブランドでトップブランドの地位に登りつめたのは、レース用ウェアへの深い関わりによるところが大きい。

意外と知られていないけれど、バイクレース用のレーシングスーツの素材には、未だに本革が多用されている。
薄くて強度があるハイテク素材を持ってしても、厚手の本革の強度・耐熱性には及ばない。ライダーの身を守るためには本革素材のスーツが最も安全、ということらしい。

Model Bについて

そんな本格派のレザーウェアメーカーのバンソンだけれど、一般向けのバイクウェアの評価も高い。

今回紹介する "Model B" はバンソンのラインアップ中でも、最もシンプルなライダースジャケット。

バンソンのModel B(外観)

シングルスタンドカラー(立ち襟)、そして色はブラック。

ライダースジャケットらしさがあるのはダブルではあるけど、ハードになりすぎずコーディネート的に合わせやすいのはこのタイプ。
バンソンでも定番の1着だ。

スポンサーリンク


バンソンのB:魅力と悪い点

バンソンのモデルB(着用)
サイズ36を着用(身長162cm・体重50kg)。

このジャケットの特徴についてだけど、「(良くも悪くも)本格ライダー向けの、武骨な1着」という言葉がピッタリくる。

魅力的な点

革の質感と肉厚感
シェイプされたフィット感の高さ

イマイチな点

着用時の重さ
(主観では)金具がスタイリッシュでない

以下で、各項目について順に述べたい。

バンソンのB:魅力的な点

革の質感と肉厚感

このジャケットに使われている革は、ハイドと呼ばれる肉厚で丈夫な、成牛のレザー。

バンソンのModel B(襟部)

一般的に成牛の革は丈夫である一方、革質は高くないことが多いけれど、このジャケットのレザーは独特の艶感があって、高級感が感じられるのが良い。

バンソンのModel B(袖部)

ただし丈夫な反面、新品時にはかなり硬い。
着こなすにはある程度着込んで、馴染ませる覚悟が必要

適度にシェイプされた、フィット感の高さ

パターンが適度にシェイプされていてフィット感が高いのも、このジャケットの魅力。

他のメーカーのシングルライダースも色々と持っていたけれど、自分にとってはこのブランドのジャケットが最もフィット感が高く、1番好み。

フィット性の高い着心地。
特に袖の長さ・袖口の細さは、ライディング時の保護性能と防風性を考慮していると思われる。

ここ数年はオーバーサイズが流行りではあるけれど、やっぱり永く着るものはジャストサイズが1番だよね、と感じる。

イマイチな点

着用時の重さ

まずは重量。試しに重量を測定してみると、約2kgもある。

これは(コートではない)ジャケット1着としては、かなりの重量感。
これを上回る重さの短丈のジャケットというのは、そうそうないのではないかと思う。

やっぱりこのジャケットの本質は、「オシャレな街着」ではなく「身体を守るためのギア」なのだ。
ただし念の為に書いておくと、フィット感が高いため着用時には荷重が分散され、数値ほどは重さを感じない点は良い。
恐らくフィット性は重量感の低減のために必要なのだろうと感じる。

金具等の小物がスタイリッシュではない

製品に使われているジッパーやボタンのホック、バックルといった金具も武骨な印象
センスとしては「アメリカンなバイカースタイル」の延長という感じ。あまりモダンでお洒落な印象ではないかな。

バンソンのB(金具のアップ)
金具等の小物のデザイン・色味も、武骨な印象。
もう少しシンプルで統一感がある方が、お洒落ではあるなと感じる。

シルバー色のシンプルな金具の方が、ファッション的な観点ではハイセンスなのでは?と個人的には感じる。

まあそういう細かいことにこだわるような「へなちょこライダー」は、別のものを着ろ!ということなのかもしれないが…。

まとめ:「漢の中の漢」に着てほしい(時代錯誤?)

バンソンのModel B(外観)

この記事では、カジュアルの定番アイテムの1つの「黒のシングルライダース」の中でも本命アイテムの1つ、バンソン "Model B" についてレビューした。

ポイントのまとめ

革の質感と肉厚感
シェイプされたフィット感の高さ
着用時の重さ
金具がスタイリッシュでないと感じる点

冒頭にも書いたけれど、このジャケットは「バイク乗り」のイメージにも通じる、武骨な男の1着

筆者は現在はバイクを降りてしまったけれど、時々はそんな1着に袖を通すというのも、ちょっとした男のロマンなのかな〜、と考えている。

VANSON MODEL B シングル ライダース ブラック


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

★おまけ コーディネート例

コーディネート例

モデル身長162cm・体重50kg、サイズ36を着用

コーディネート詳細
ジャケット:バンソンのB(本品)

デニム:ユニクロ(レビューページ へ)
靴:アルフレッド・サージェント
鞄:万双
マフラー:ジョンストンズ

モノトーンのコーディネート。
どうしてもハードになりがちなレザージャケットの着こなしを、キレイめなアイテム(リジッドデニムと革靴、カシミアマフラー)で和らげる。

 

あわせて読みたい

ショットのType G-1、#675
【フライトジャケット】ショットのType G-1、#675【男気溢れる】

続きを見る

モーガンのType A-2(外観)
【お買得】モーガンのType A-2ジャケット【エリート兵士気分】

続きを見る

【購入レビュー】ホワイツのセミドレス【1/2:米国からオーダー!編】

続きを見る

 

 

-ファッション, コート・アウター, 愛用品紹介
-, , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5