オールドスパイスのピュアスポーツ、ボディーウォッシュ

コスメ オールドスパイス 愛用品紹介

【コスメ】オールドスパイスのピュアスポーツ・ボディーウォッシュ

2021年4月23日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では、最近筆者が愛用しているボディーソープについて書きたい。

オールドスパイスのピュアスポーツ(パッケージ)

今回紹介するのは、オールドスパイス(Old Spice)ピュアスポーツ・ボディーウォッシュ

まずはブランドと、この製品の概要について見ていきたい。

ブランド(オールドスパイス)と、この製品について

オールドスパイス(Old Spice)について

オールドスパイス(ロゴ、パッケージより)

オールドスパイス(Old Spice)は、世界最大の日用品メーカー・米国P&G社が展開する、男性向けグルーミング用品のブランド。1937年より展開。

主な製品は男性向けの香水やデオドラント用品、ボディーソープなど。
価格も比較的お手頃で、米国文化が華やかだった時代の面影を残すブランド。

「米国の古き良き大衆文化を感じる」ことから、ここ日本でも人気がある。

オールドスパイスの製品については、下記の記事も見てほしい!

ピュアスポーツ(ボディーウォッシュ)について

オールドスパイスのピュアスポーツ・ボディーウォッシュ(外観)

ピュアスポーツ・ボディーウォッシュ(Pure Sports)は、そんなオールドスパイス製品の中でも人気のボディーウォッシュ。

”3X” と "High Endurance"(高耐久)と記載があるように、スポーツ向けに香りの持続性が高く、デオドラント効果があるのが特徴。

sports, running, jogging

欧米人は体臭が強い傾向があると言われていて、デオドラント製品も香りが強めなものが好まれると言われているので、「香り強めなボディーソープ」が欲しい場合には、期待ができる製品だと言える。

以下では、本製品の使い勝手についてレビューしていきたい。

スポンサーリンク


レビュー:オールドスパイスのピュアスポーツ(ボディーウォッシュ)

今回のボディーウォッシュだけど、実際に使ってみて良いと感じた点、イマイチな点は下記の通り。

良い点

万人受けする、爽やかな香り
洗浄力は強め。さっぱりとした洗い上がり
(個人的な好みだけど)渋さのあるパッケージ
扱いやすいジェルタイプ

イマイチな点

香りの持続性が欲しいなら、他製品を選ぼう
本体ボトルは、やや使いづらい
入手性がイマイチ

万人受けする、爽やかな香り

まず第1の特徴は、万人受けする爽やかな香り

fruits, scent, smell

筆者の語彙力の問題で、「◯◯の香り」と表現ができないのが申し訳ない…。
少々長くなるけど、製品自体は「柑橘系とも少し違うけど、甘酸っぱいフルーティーな香り」という感じ。

残り香はフルーティーな香りは早めに消え、石鹸っぽい香りが比較的長く続く。

man, youth, male

イメージ的には西洋人の美青年なんかに似合いそうな、若々しさを感じる香りだ。

この香りは男女問わずウケが良さそうだし、女性が付けても違和感がないはずだ。
高価格商品ではないため「ケミカルな香料」感はあり、様々な成分が含まれていそうな複雑さはないけど、香り自体がバランスが取れているのでツンと匂う不快感は感じない

洗浄力は強めで、さっぱりとした洗い上がり

shampoo

洗浄力は、ボディーソープとしては結構強めだと思う。
あくまで体感だけど、さっぱりとした洗い上がりが特徴だ。

泡切れはそんなに良くなくて、洗い流しの時にヌルヌル感が結構残る
筆者は敏感肌ではないので全く問題ないけど、もしかすると刺激が強い、と感じる方もいるかも。
この辺りは個人差になるので、一度試してみないと分からない部分かもしれない。

(個人的な好みだけど)渋さのあるパッケージ

パッケージもお洒落。なかなかかわいい。

オールドスパイスのピュアスポーツ(パッケージ)

エンジのパッケージ色・フォントなどのセンスに「クラシック感」と「適度なチープ感」があって、国産品にはない雰囲気がお洒落だと思う。

オールドスパイスのピュアスポーツ・ボディーウォッシュ

実際には取り扱ってないけど、ソニープラザ(現Plaza)にある海外の雑貨のような感じ。
様々な浴室に馴染み、浴室内でもひと目でそれと分かるデザインだと感じる。

扱いやすいジェルタイプ

中身の形態はジェルタイプとなっていて、扱いやすい。
日本のボディーソープで良くあるポンプボトルではないけど、中身がネットリしているので出しすぎてしまうことがなく、量の調整がしやすい

オールドスパイスのピュアスポーツ(中身)

中身はボディーソープとしては珍しいジェルタイプ。青色なのが爽やかな印象。

色が何故か青色の点も、「スポーツ」を感じる爽やかさがある。
あんまりナチュラルな色味ではないけど、このケミカルっぽさにも時代を感じる
個人的には好き。

香りの持続性が欲しいなら、他製品を選ぼう

気になる香りの持続性だけど、所詮は洗い流すシャンプーの残り香、「高耐久」を謳っていても1日持つというわけではない。

イメージとしては、夜に入浴する場合は翌朝、朝シャンの場合はランチの頃には残り香が消えている、という感じ。
このボディーウォッシュの強めの香りは、あくまで「入浴後のサッパリ感」を長く感じたいという人向けのものなのだろう。

だけど、万人受けする香りでもあるし、例えば「朝シャン後の通勤・午前中だけ、ボディーソープの匂いがする」というのは、こざっぱり感があって、周囲の印象は間違いなく良いはずだ。
「周りの人が、どこまで自分の匂いに着目してるか」はケースバイケースだけど、(特に女性は)男性が思う以上にこのような部分を見ている気がする。

本体ボトルは、やや扱いづらい

本体のボトルは日本の日用品に良くあるポンプタイプではなく、ちょっと扱いづらい。

オールドスパイスのボディーウォッシュ(浴室内2)

中身が少なくなった場合、逆さに置いておくのが良い

中身が多いうちは普通に置いておけばOKだけど、少なくなるとネットリしているだけに内容物が出てくるまでに時間がかかり、少しイラッとする。
内容物が少なくなってきたら、逆さまに置いておけば問題はない。

店舗での入手性がイマイチ

前述したように、オールドスパイスは「海外(米国)の大衆的なメンズコスメ」という位置付けの製品。
メンズコスメ自体がメジャーでないこともあるのか、日本の実店舗で紹介・販売されている海外のメンズコスメは(利益率が高そうな)高価格帯の製品がほとんど。

オールドスパイス製品をよく置いてある実店舗は西友の日用品売り場で、見つかれば通販よりも安価にゲットできる。
ただ、ピュアスポーツは人気商品だからか、在庫がないことが多い。
「常に店頭在庫がある店舗」を見つけるのは結構難しいので、ネットで購入するのがオススメだ。

まとめ:「香り」でボディーソープを選びたいなら、一度試してほしい

今回は、筆者が最近愛用しているボディーソープ、オールドスパイスピュアスポーツ・ボディーウォッシュについてレビューした。

オールドスパイスのピュアスポーツ(パッケージ)

ポイントのまとめ

万人受けする、爽やかなマリン系の香り
洗浄力は強め。さっぱりとした洗い上がり
(個人的な好みだけど)渋さのあるパッケージ
扱いやすいジェルタイプ
香りの持続性が欲しいなら、他製品を選ぼう
ボトルはやや使いづらい
入手性がイマイチ

「好きな香りは石鹸系」で、「香りについては無臭が良い」という方も多いとは思う。
ただ、「日替わりで入浴剤を入れ替えるのと同じ感覚で、シャンプーやボディーソープを替えて気分転換する」のも、バスタイムの楽しみ方としてはアリな気がする。

男性向けではあるけど、女性が使うのもオススメ。(筆者の妻も使用している…)
肌質が合えば、カップル・女性にもオススメしたい製品だ

オールドスパイス ボディウォッシュ ピュアスポーツ 18oz(532mL)


↑クリックで外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

あわせて読みたい

オールドスパイスのボディーウォッシュ、フィジー(外観)
【夏の香り】オールドスパイスのボディーウォッシュ、フィジー

続きを見る

ゴミ箱行きコスメ3選
【コスメ】物欲紳士のゴミ箱行きコスメ3選【オススメできない】

続きを見る

ウルフマン・シャンプー(パッケージ)
【購入レビュー】紳士のシャンプー、ウルフマン【プレゼントにも】

続きを見る

 

 

-コスメ, オールドスパイス, 愛用品紹介
-, , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5