カルティエのタンクソロLM

腕時計 愛用品紹介

【腕時計の名作】カルティエのタンクソロ LM【革ベルトをコーデ】

2021年5月20日

こんにちは、物欲紳士です

この記事では、腕時計について書きたい。

カルティエのタンクソロ(着用時)

この記事で紹介するのは、カルティエ (Cartier)タンクソロ LM (Tank Solo)
まずはブランド(カルティエ)と、この時計について見ていきたい。

前置きは良いので本題(製品レビュー)を読みたい方は ★本題へ★をクリック!

ブランド(カルティエ)と、その腕時計について

カルティエについて

カルティエ (Cartier) は、フランスの宝飾ブランド。
1847年創業。

カルティエのロゴ(店舗)

英国王エドワード7世に、「王の宝石商、宝石商の王」と称された、欧州の名門ジュエラー
現在でも、数多くの王室御用達の称号を手にしている。

カルティエの腕時計について

その他の多くの名門ジュエラーやハイファッションブランドと同様、カルティエも幅広く腕時計を販売している。

バロン・ブルー

カルティエの人気シリーズの1つ、バロン・ブルー。

メンズ腕時計の世界では、ジュエラーやファッションブランドなど「ウォッチメーカー以外の腕時計」は、概して評価が高くない

こうしたブランドのアイテムは、得てして「ファッションアイテム」と見られがち。
「伝統」や「工芸品的な価値」を重視する腕時計愛好家の印象があまり良くないことが、その理由だと思われる。

そんな中、カルティエの腕時計は他のジュエラーのそれらとは、段違いの評価を受けている。
この理由としては「男性用腕時計を初めて販売したブランドが、他ならぬカルティエである」という事実が大きい。

腕時計は、懐中時計から進化したもの。
「腕時計の始まりは何か」は、「どの時点」を始まりとみなすかによって、諸説がある。

けれども「最初に男性用腕時計を販売したのはカルティエ」というのは、ほぼ定説。

aircraft

時は1904年、ブラジルの飛行機王・アルベルト・サントス=デュモンのために、カルティエが「飛行機操縦時のため、腕に付ける時計」を製作。
これがのちに一般向けに量産販売されることになった。

サントス ドゥ カルティエ ウォッチ MM WSSA0010


画像をクリックで、外部サイトへ移動 Amazon.co.jp)
 

それが現在まで続くカルティエの看板ライン、サントス (Santos de Cartier) の始まり、とされている。
カルティエは「男性用腕時計の老舗」でもあり、それゆえ腕時計ファンからも一目置かれる存在なのだ。

カルティエの腕時計ラインナップ

上で述べたサントス以外の、主なカルティエの腕時計製品をピックアップして紹介する。

◆タンク (Tank)


カルティエ タンク ルイ・カルティエ Ref.W1529856 新品 ホワイト
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)
 

1919年登場。ネーミングの由来は、直前の第一次大戦で登場した戦車(タンク)。
ラグと一体の左右ベゼル部を持つケース形状が、戦車のキャタピラに似ていることに由来。
サントスに次ぎ、カルティエを象徴する腕時計ライン。

◆パシャ (Pasha de Cartier)


カルティエ パシャ ドゥ カルティエ WSPA0013 メンズ
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)
 

1930年代、モロッコのパシャ(太守)のために製作された防水腕時計が起源。
水場での使用を想定し、竜頭部に防水用のフタ部品が付いているのが特徴。
独創性と、エレガントさのあるスポーツウォッチ。
ステンレス製モデル(パシャC)が '90〜 '00年代に大流行したので、ご存じの男性も多いはず。

◆ロンド (Ronde de Cartier)


ロンドソロ ドゥ カルティエ WSRN0012 シルバー文字盤 新品 腕時計 メンズ
画像をクリックで、外部サイトへ移動 Amazon.co.jp)
 

主張を抑えたデザインと、クラシカルな丸形ケースが魅力のロンド
カルティエらしい繊細さ、エレガントさを感じさせるシリーズだ。

スポンサーリンク


カルティエのタンクソロについて

以上のように、カルティエの腕時計ラインナップには、高級ジュエラーならではの「クラシカルさとラグジュアリー感」「繊細さが漂うエレガンス」「洗練されたセンス」を感じさせるモデルが揃う。

そんな中で、筆者が自分用の1本として選んだのは、タンクソロ LM

カルティエのタンクソロLM(外観)

タンクソロ (Tank Solo) は、タンクシリーズのベーシック・ライン。
カルティエの腕時計誕生100周年にあたる、2004年に発表。

カルティエのタンクソロ(外観)

タンクソロの特徴は、上述したような「ブランドの特徴であるエレガントさ」や「タンク・シリーズの伝統スタイル」を継承しつつ、「時代に合わせたモダンな感覚」を取り入れた点にある。

具体的には、下記のような点がポイント。

タンクソロの特徴

角型ケースは継承しつつ、フラットでシンプルなベゼル形状
ベースモデルはステンレス製ケースで、価格もリーズナブル
モダンな文字盤デザインのバリエーションも存在

上項のブランド紹介でも分かると思うけど、カルティエのストーリーには「いかにも」な王侯貴族感漂うエピソードが多い

製品や店舗の雰囲気は、良く言って「クラシカル」
そこから醸し出される特別感は、カルティエのブランドとしての魅力ではある。

カルティエ(ブランドロゴ)

一方で現代的な価値観で捉えると、これらはイメージ的に「老人くさい」と言えなくもない
主要顧客である富裕層のニーズに、一部マッチしていないのも事実だ。

ブランドの伝統は受け継ぎつつも部分的には時代のニーズに応え、若返りを図る必要があるのだろう。

カルティエのタンクソロ LM(外観)

風防(前面ガラス)と同一面状のフラットなベゼルが、外観上の特徴

タンクソロは、外観上は「伝統のタンクらしさ」を踏襲しつつ、前面のベゼルはフラットな形状で、モダンな雰囲気に。
さらにベースモデルのケース素材は貴金属ではなく、ステンレスを採用
実用性・合理性を求める現代のユーザーの声に応えている。


Cartier カルティエ W5200020 タンクソロSM パイソン革 電池式 SS/パイソン
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)

さらに写真のモデルのような、従来になくモダンな文字盤デザインのモデルもラインナップ。

以上をまとめると、リーズナブルな価格に加え、どのモデルを選ぶかにより「クラシック感 or 現代的なセンス」を選べる懐の深さが、タンクソロ・シリーズの特長だと言えそうだ。

タンクソロの良い点と、イマイチな点

カルティエのタンクソロ(外観)

筆者私物のタンクソロは、2015年冬に新品で購入。

この腕時計を5年程度使ってきた上での良い点・イマイチな点を挙げると、下記のようになる。

魅力的な点

カルティエらしく、エレガントで洗練されたデザイン
実用的なクオーツながら、クラシカルさも漂う2針式
薄型・小ぶりで取り回しが良いサイズ感

イマイチな点

付属の革ベルトとバックルの質感
現代の腕時計としては、防水性能はイマイチ

以下で、それぞれについて述べていきたい。

タンクソロLMの良い点

カルティエらしく、エレガントで洗練されたデザイン

カルティエのタンクソロ LM(文字盤正面)

タンクだけでなく、他シリーズのカルティエの腕時計でも共通して使用される、ローマ数字のインデックス。
20世紀初頭のクラシカルな雰囲気や、エレガントな価値観を現代に伝えるデザインだ。

カルティエのタンクソロ LM(外観)

ブルーの針、同様にブルーの石とアールデコっぽい装飾が施された竜頭など、ディテールも繊細でエレガント。

カルティエのタンクソロ(文字盤)
フラットに仕上げられた前面のベゼル形状。
細かいけど、7時位置のインデックスの印刷にはブランドの刻印が入る

また、ただクラシックな雰囲気なだけではなく、フラット化された前面の造形をはじめ、余計な装飾を省いた、シンプルさを感じさせるデザインとされている。

カルティエのタンクソロ LM(着用時)

スーツやフォーマルウェアと合わせても良いし、カジュアルな服装でサラリと付けても似合うように考えられた、非常に洗練されたデザインだと言える。

実用的なクオーツながら、クラシカルさが漂う2針式

今回紹介のモデルは、ムーブメントはクオーツ式


カルティエ タンクソロ XL WSTA0029
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)

上写真は別モデル、メンズサイズのタンクソロ XL。
こちらは大型ケース・機械式のムーブメントで、秒針・カレンダーも搭載した「現代的な高級時計」。

カルティエのタンクソロ LM(外観)

一方で、女性用サイズ(SM)と男女兼用サイズ(LM)は前述通りのクオーツ式。
カレンダー・秒針のない、シンプルな2針式になる。

クオーツ・ムーブメントなので、秒針を付けることは簡単なはず。
あえてそうしないあたりは「伝統に忠実」な美意識を感じて、個人的には好み。


オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ 311.30.42.30.01.005
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)

旧式の機械式時計のムーブメントは、時刻合わせ時に秒針を停止させる機能(ハック機構)がないキャリバーが多く、「秒針が一応あるが、分以下の時刻の正確性は望めない」時計が多かったのだ。
現行モデルでは上写真のオメガ・スピードマスター・プロフェッショナルが代表的。


ジャガー・ルクルト レベルソ クラシック ミディアム スリム Q2518540
画像をクリックで、外部サイトへ移動 rakuten.co.jp)

さらに「日差で分単位のズレが生じるのは当たり前」という感覚もあったから、昔のシンプルな腕時計には「秒針がない」モデルも多い
上写真のジャガー・ルクルトのレベルソ・クラシックは、その1例。

タンクソロのような2針式の腕時計は「時間の計測技術が未熟で、それゆえに時間に対しておおらかだった時代の名残り」を残しているとも言える。

カルティエのタンクソロ LM(外観)

このように考えると、技術の進歩と引き換えに、私たちが失った価値観が存在する気もする。
ちょっと素敵な感じがしてきた

薄型かつ小ぶりで、取り回しが良いサイズ感

極めて薄型・小ぶりで主張を抑えたシンプルなケースサイズも、タンクソロの特徴。

カルティエのタンクソロ(着用時)

大柄な時計のような視認性の良さはないものの、邪魔にならないサイズと軽さで、非常に取り回しが良い

さらに言えば、「シンプルな文字盤デザイン&革ベルト」はドレスウォッチの定番ディテールだけど、角型ケースはよりフォーマル感が際立つフィーチャーだ。

カルティエ・タンクソロとユンハンスのマックス・ビル

この理由について、個人的に思うことを述べる。
上の写真のように、スタンダードな丸形の時計と比較すると、角型ケースのタンクソロはそのデザイン上、ケースサイズは小さいがベルトは逆に太い

カルティエのタンクソロ LM(着用時)

結果的に時計本体という「機械的な要素」の存在感は薄く、ベルトという「アクセサリー要素」の比重が大きくなる。
「機械ではなく、ブレスレットをしている」という割合が大きくなるので、必然的にドレッシーな印象を与えるわけだ。

タンクソロLMのイマイチな点

付属の革ベルトとバックルの質感

上で述べたように、タンクソロのようなシンプル系のスクエアな腕時計は、革ベルトの存在感が強いスタイル。
ゆえに革ベルトの質感が重要となる。

だけど、肝心の革ベルト・バックルの質感はイマイチに感じて、あまり好きではない。

カルティエのタンクソロ(付属ベルト)

牛革型押しタイプの革ベルトが付属しているけど、「売却時用」に使わずに取っておいて、(純正品にこだわりがなければ)普段は汎用品を使うのがオススメではある。

筆者が使用していて、特にオススメする革ベルトは下記の製品。

CASSIS カイマンクロコ(ワニ革) 時計ベルト COLMAR コルマール 20mm


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

日本の時計バンドメーカー、CASSIS (カシス)の製品。

ウロコ模様が抑えめなカイマンワニの素材と光沢感がお洒落。
さらにステッチがないシンプルさ・ベルトの薄さなど、控えめなデザインで腕時計本体との相性も良い。
価格も本ワニ革のベルトとしてはリーズナブルだと思う。

カルティエのタンクソロ(革ベルト)

率直に言って製品に付属のベルトより、このベルト方が今回の時計に似合う気がしている…
筆者もネイビー・黒の2本を保有、ブラウン系の色味の購入も検討中。

革ベルト(クリッカー加工)
近年流行りのバネ棒のクリッカー加工は、大いにオススメ。
 ただし誤装着による腕時計の落下にはくれぐれも注意しよう。

複数の色味の革ベルトを購入して、付け替えて楽しむのがオススメだ。
ベルトの頻繁な付け替えを想定するなら、バネ棒のクリッカー加工を依頼するようにしよう!

現代の腕時計としては、防水性能はイマイチ

仕方がない点だけど、防水性能は日常生活防水

雨降りやお手洗い以上の、本格的な水場での使用は、避けた方が無難。

カルティエのタンクソロ(背面)

これはケースやデザインの構造上、仕方がない点もある。
角型ケースの構造上、スクリューバックではなくビス止めにより固定される裏蓋、はめ込みのみで固定される角型の風防(前面のガラス)などは、防水上は不利

日常でも使えるデザインでありながら、日常生活防水止まりなのは残念だが、逆に「日常生活レベルは保証してくれている」点をありがたく思うべきなのかもしれない。

実際、お洒落なヴィンテージ・ウォッチ専門店でタンクのヴィンテージ品に心惹かれつつ、「防水性は非保証です」という店員さんの言葉に、購入を諦めた方も多いのではないだろうか。

日常的な使用に対する防水性の保証がある点は、多雨な日本で新品腕時計を購入するメリットの1つだと言えるだろう。

まとめ:往時を偲びつつ、サラリと付けこなしたい1本

今回はカルティエ (Cartier) の腕時計のアウトラインを紹介しつつ、私物のタンクソロ・LM (Ref. W5200003) をレビューしてみた。

カルティエのタンクソロLM(外観)

ポイントのまとめ

カルティエらしい、エレガントで洗練されたデザイン
実用的なクオーツながら、クラシカルさも漂う2針式
薄型・小ぶりで取り回しが良いサイズ感
付属の革ベルトとバックルの質感 →汎用品を付け替えて使用!
現代の腕時計としては防水性能はイマイチ

様々な個性を選べるタンクシリーズのラインナップ中でも、今回のモデルは「ベーシックな仕様で、クラシカルな雰囲気を味わえる」1本

率直に言えば、最近の腕時計スタイルのトレンドである「押し出し感」には乏しく、秒単位で時間を確認できないのも、不便と言えば不便。
…だけど、そういうことは大きな問題ではない

タンクソロ・LMは、細かな時間には捉われない心のおおらかさを持った上で、サラリとお洒落に付けこなしたい、優雅な大人のための腕時計。
もしこの腕時計を自分のスタイルにできたら、あなたも立派な紳士淑女だろう。

筆者自身はまだそうなれていない気がするけど、「より良い大人になりたい」という意欲を持たせてくれる1本なのだ

カルティエ タンクソロLM WSTA0028


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング


 

あわせて読みたい

【無印良品の時計?】ロレックスのエアキング、14000【12年愛用】

続きを見る

チューダーのサブマリーナ、75090
【8年愛用】チューダーのサブマリーナ、75090【★価格高騰中★】

続きを見る

-腕時計, 愛用品紹介
-, , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5