G.H.バスのビットローファー(外観)

アクセサリー 購入レビュー

【購入レビュー】G.H.バスのビットローファー【定番の変化球】

2021年7月28日

こんにちは、物欲紳士です

G.H.バスのビットローファー(外観)

この記事では、筆者が今夏に購入した靴、G.H.バス (G.H.Bass) ビットローファー、Liannaについてレビューしたい。

ビットローファーを初めて購入したけど、なかなか良いですな…。

ブランド(G.H.バス)と、Liannaについて

G.H.バス (G.H.Bass) について

G.H.バス (G.H.Bass) は、米国メイン州発祥の靴ブランド。
1876年に創業。

G.H.Bass (Weejunsロゴ、パッケージ)

メイン州は、米国でも北東端に位置する州。
山岳地帯として知られていて、L.L.ビーンなどのアウトドアブランド発祥の地としても有名。

モカシン靴の製造地としても知られていて、セバゴユケテンなどの靴ブランドも、メイン州が発祥となる。
…経緯はあまり知らないのだけど、こうした後発の靴ブランドが存在するのは、G.H.バスの存在の大きさゆえなのかも(?)しれない。

そんなG.H.バスだけど、何と言っても著名な理由は、一般に「ローファーの生みの親」として知られているため。

[ジーエイチバス] ローファー WEEJUNS LOGAN ブラック


画像クリックで、外部サイトへ ( Amazon.co.jp)

 

厳密に言えば、ローファーにはG.H.バス以前の歴史がある。
ただ、G.H.バスが流行の兆しを見せていたローファースタイルの靴に着目し、"Weejuns" と名付けて大ヒットさせた。1936年のこと。

それ以来、ローファー(Weejuns)はG.H.バスの代名詞となっているのだ。

ビットローファーについて

ビットローファー(ビットモカシン)とは、ホースビットと呼ばれる、馬具(クツワ)を模した金具をあしらったローファーのこと。

イタリアの高級ファッションブランド、グッチ (Gucci) が1953年に、米国市場向けに考案したスタイルだ。

グッチ GUCCI ビジネスシューズ ローファー 307929・BLM00・1000


画像クリックで、外部サイトへ ( rakuten.co.jp)

 

当時の米国の流行はここ数年と結構似ていて、「リラックス感とラグジュアリー感の同居」がトレンドだったようだ。
この感覚を満たした「高級感もある、ラクな靴」と言えるビットローファーは大ヒット。
グッチの定番アイテムとなり、現在に至る。

グッチが考案したビットローファーだけど、現在は多くのフォロワー製品を生み出す定番スタイルとなっている。

G.H.バスのビットローファー (Lianna) について

さて、そんなこんなで「アメトラ定番靴」と言って差し支えないG.H.バスの "Weejuns" 。
米国でヒットしたビットローファーも、変則形として(?)ラインナップされている。

G.H.BASS ジーエイチバス BA11778 LINCOLN SUEDE モカシンローファー


画像クリックで、外部サイトへ ( rakuten.co.jp)

 

上のLincoln(リンカーン)というモデルになるけど、足形が細身な筆者が購入したのは、このLincolnのレディースモデル (Lianna, リアンナ) になる。

【別注】レザービットローファー


画像クリックで、外部サイトへ ( brandavenue.rakuten.co.jp)

 

学生靴など、広く普及しているローファーの場合、女性用はデザイン、特にヒール高・形状が異なる場合が多いけど、G.H.バスの場合は木型以外のデザインはほぼ共通

女性靴では「オジ靴」ブームなんかもあったけど、ジェンダーレス化が進むだろう今後はブームに留まらず、一般化しそうなスタイルだと感じる。

スポンサーリンク


G.H.バスのビットローファーの良い点、イマイチな点

G.H.バスのビットローファー、Lianna(外観)

G.H.バスのビットローファー (Lianna) の良い点とイマイチな点を列挙すると、下記のようになる。

良い点

古典的なビットローファーのスタイルを受け継いだデザイン
シルバー色の金具が醸し出すモダン感
コスパと実用性に優れたラバーソール

イマイチな点

(注意点)スーツなどのビジネスウェアに合わせるのは避けよう

下記で、それぞれについて詳細を見ていきたい!

古典的なビットローファーのスタイルを受け継いだデザイン

まず魅力だと感じるのは、古典的なスタイルを受け継いだ正統派のデザインだ。

G.H.バスのビットローファー、Lianna(外観)

ホースビット(金具)の形状は、モダンにリ・デザインされている製品も多いけど、本品の金具はグッチのオリジナル・モデルと似たイメージのクラシカル感の漂うデザイン

G.H.バスのビットローファー(ビーフロール)

サドル(甲部の補強革)の両端には、通称ビーフロールと呼ばれる、盛り上がった形状の意匠がある。
これはG.H.バスをはじめ、米国系ローファーによく見られる意匠。
一方で本家のグッチはイタリア・ブランドだからか、ビーフロールのないデザインが基本。

G.H.バスのビットローファー、Lianna(外観)

全体的にクラシカルなビットローファーのディテール・フォルムを踏襲しつつ、「米国らしさ」も漂わせているところが面白い。

シルバー色の金具が醸し出す、モダン感

本品のようなクラシカル感のあるビットローファーの場合、金具も50年代的なセンスで(?)、「黒靴であってもゴールド色」という色合わせの製品も多い。

G.H.バス(Weejunsロゴ、ソック)

こだわりすぎるところでもないけど、個人的には極力身につける金属の色味は統一したい、と考えてしまう。

G.H.バスのビットローファー(金具)

その意味でG.H.Bassのビットローファーは、黒系であっても茶系(バーガンディー)であってもビット金具の色はシルバーで統一されている。
(好みにもよるけど)シルバー色の腕時計や指輪などとの組合せで、バランスが崩れないのは嬉しい。

G.H.バスのビットローファー(着用時)

歩行時には「チャリッ」という、小銭をポケットに入れたような音がする。
この独特の歩行音も、ビットローファーの魅力。
ちょっと洒脱な気分にさせてくれるポイントだ。

コスパと実用性に優れたラバーソール

ソールはローファーの上級モデルにある本革ではなく、合成ゴム製のソールになる。

G.H.バスのビットローファー(ソール)

ここは賛否が分かれるかもしれないけど、「気軽に履く1足」としては、個人的にはラバーソールで問題ないように感じる。
通気性が良くない一面はあるけど、グリップ性・耐久性の面では安心感があるからね…。

(注意点)スーツなどのビジネスウェアに合わせるのはやめよう

注意点としては、スーツなどと併用すると、クラシカルなイメージの本品でも「チャラすぎる」となるのは避けられない。
ビジネスウェアとのコーディネートには、より適した靴を用意するのが無難

「スーツにスリッポンはNG!」というのは、数多くのコーディネート指南で出現するワード。
…だけど、服装の自由化が進む昨今、あまり堅苦しく考えすぎるのは良くないと、個人的には考えている。

G.H.バスのビットローファー(金具)

とは言え、先ほど述べたように、ビットモカシンは歩行時の独特の金具の音も特徴。
ビジネスウェアでこれを履くと、文字通り「チャラチャラした」印象になるのは拭えない。

革靴ではあるけど、リラックス感のあるシチュエーションで履きたい靴、それがビットモカシンなのだ…!

スポンサーリンク

まとめ:「クラシカル感」と「今っぽさ」を味わえる1足!

この記事では筆者が今夏に購入した靴から、G.H.バス (G.H.Bass) のビットローファー (Lianna) についてレビューした。

G.H.バスのビットローファー、Lianna(外観)

ポイントのおさらい

古典的なビットローファーのスタイルを受け継いだデザイン
シルバー色の金具が醸し出すモダン感
コスパと実用性に優れたラバーソール
(注意点)スーツなどのビジネスウェアに合わせるのはやめよう

物欲紳士の ★辛口レビュー★

総合評価 ★★★★★
 
デザイン ★★★★☆
 古典的なビットローファーのデザインと「米国っぽさ」の融合
機能性  ★★★★☆
 ソール仕様含め、普段履きとしての実用性は高い
着用感  ★★★★☆
 男性向けと女性向け、2つのワイズから選べるのは朗報
価格   ★★☆☆☆
 定番ブランドなことを考えると、もう少し廉価だと嬉しい…
耐久性  特になし
 *購入直後のため
その他  特になし

G.H.バスのビットローファー(ソール)

革靴の中でも、特にサイズ選びが重要となるローファー。
G.H.バスの "Weejuns" は名品ながら、筆者のような小足男性に対応したサイズは入手性が良くなかった。
近年はレディースサイズの展開も盛んで、豊富なサイズから選べるのは朗報だ。

またファッションの世界でも、近年は「男女兼用」となっている製品も多い。
ジェンダー観の変化だけでなく、合理性(コスパ)の観点からも、今後はより一般化しそうだと感じる。

G.H.バスのビットローファー(外観)

合わせモカは手縫い。ステッチ周辺のシワは、縫い目にテンションをかける手縫いならではのアジ。

サイズだけでなく、デザインや仕様も含めて「現在の洋服にも合う正統感」が漂う、G.H.バスのローファー。
気になる方はぜひ、手にとって見てほしい1足だ。

G.H.BASS ジーエイチバス "Weejuns Bit Loafer" ビットローファー
テキスト・画像クリックで、外部サイトへ (shopping.yahoo.co.jp)

 

Amazon


楽天市場


Yahooショッピング

 

(★おまけ)コーディネート例、私物の製品データ

コーディネート例

コーディネート詳細
ポロシャツ:バナナ・リパブリック
パンツ:バナナ・リパブリックのメイソン・チノ( レビューページへ)
靴:G.H.バスのLianna(本品)
鞄:ポーター
腕時計:セイコーのSBEP003( レビューページへ)

製品データ

G.H.バスのビットローファー、Lianna(外観)

メーカー  G.H.バス (G.H.Bass)
ブランド  ウィージャンズ (Weejuns)
スタイル名 Lianna
スタイル  ビットローファー
製法    モカシン(底付け:マッケイ)
素材    (甲材)牛革
      (底材)ラバー
     黒、シルバー(金具)
サイズ   US7
製造国   エルサルバドル
価格    ¥20,000-
購入年月  2021年5月

 

あわせて読みたい

パラブーツのコロー、外観
【大人の普段履き】パラブーツのコロー【履き方・お手入れ方法も】

続きを見る

レッドウイング#875、オロ・イジナル(外観)
【12年愛用】レッドウイングの#875、オロイジナル【まだ若輩者】

続きを見る

フローシャイムのコブラヴァンプ、ユーマ(外観)
【米国靴】フローシャイム・インペリアルのコブラヴァンプ、ユーマ

続きを見る

 

 

-, アクセサリー, 購入レビュー
-, , , , , , , , ,

© 2021 物欲紳士ブログ Powered by AFFINGER5